公務員のホームヘルパー

公務員のホームヘルパー

 

いかなる職場ではたらくかは、ホームヘルパーとして働いて行く上では全く重要となります。

 

おんなじホームヘルパーといわれる仕事をするも、どこで動くかによって収入も稼働時間もまだまだ移り変わるためです。

 

そのため、ヘルパーの仕事をするには変わりないのだからどこでもおんなじとは思わない事です。

 

 

ホームヘルパーとして動く人の多くが望んでいる職場といえば、公務員のホームヘルパーでしょう。

 

公務員としてホームヘルパーの仕事に就くには、市町村等の自治体職員として雇用される必要があります。

 

昔は行政主導の介護サービスが主流だった事もあって、多くの人が公務員として雇用されたようですが、現在は自治体の財政の問題もあり、民間への委託が進んでいます。

 

その為、公務員としてホームヘルパーのお仕事をする人は段々と少なくなっているのが現状です。

 

 

一般で公務員として雇用される最大のメリットは、当然ながら安定です。

 

他の公務員同様、解雇浴びる心配や倒産して仕舞うというリスクを感じる事無く仕事に集中できるので、非常に仕事がしやすい環境といえます。

 

基本的には勤務時間も9〜17ときの範囲で、土日の週末はお休みとなります。

 

年収は350〜400万円が支給されるのが一般的な相場のようです。

 

公務員ならではの各種保険の充実、退職金の確保もしっかりしている為、将来の設計をしやすい点が最大の魅力です。

 

 

もちろん、近年の時流から考えると公務員になるのは容易ではありません。

 

競争はかなりきつい為、1級の研修課程終了、あるいは介護福祉士の資格は必須といえます。

 

 

 

正社員のホームヘルパー

民間企業に雇用されたホームヘルパーが目さすのは、正社員のポジションではないでしょうか。

 

介護福祉の仕事に一生携わって出向くという覚悟があるだとすれば、正社員を目さすべきです。

 

正社員になるメリットは、勿論その雇用条件にあります。

 

まるでなにより、安定が違います。

 

正社員かそうでないかは、リストラ対象の選別に大きな影響を与えます。

 

安心して生活していきたいのであれば、正社員として仕事に就いた方が良いのはいうもありません。

 

 

正社員とそうでない場合とでは、収入面でもかなりの差があります。

 

正社員ならばボーナスも出ますし、将来的には監督、コーディネーターといった責任職に就き、さらなるステップアップを図る事ができます。

 

その分競争は著しく、1級ホームヘルパーであること、介護福祉士の資格を持つことなどは必須となってきます。

 

 

正社員としてホームヘルパーの仕事に就く場合、民間であっても基本的勤務時間は公務員と変わりませんが、状況によって開始、終了の時間が数十分ほどそれることもあります。

 

公務員と違う点は、残業や夜勤、休日出勤がある点です。

 

月収は20万円前後、それに加えてボーナスや残業手当がもらえるので、公務員と収入は特に変わりません。

 

また、年齢やキャリアによっては30万円くらいまで挙がることもあります。

 

上を目示すという意味では、最も良い境遇と言えるかもしれません。

 

 

正社員となる為には、一旦上を目指せる資格を取得し、その後に正社員を募集しているところを見つけ、応募した方が断固有利でしょう。

 

 

 

常勤・非常勤のホームヘルパー

ホームヘルパーの中には、常勤ヘルパー、非常勤ヘルパーといった業務形態もあります。

 

常勤ヘルパーは、簡単に言えば、学校の常任講師というものです。

 

勤務時間、給料いずれも固定となっており、基本的部分では正社員のホームヘルパーと何等変わりはありません。

 

 

常勤ヘルパーを募集しているのは主に民間事業者だが、公的機関も雇用するケースがあります。

 

その為、就職先は幅広くあるとして良いでしょう。

 

 

その一方で、常勤ヘルパーはそこそこ雇用条件が不安な面もあります。

 

正社員と比較すると給料が結構上がらなかったり、社会保険がしっかりと整備されていなかったりするケースもあるようです。

 

その為、条件面を考えると正社員のホームヘルパーには劣ると考えた方が良いかもしれません。

 

勤務時間は9〜18時が主で、若干長めです。

 

月収は15〜20万円と、前もって正社員のホームヘルパーよりは多少少なめになります。

 

 

非常勤ヘルパーの場合は、グングン不安定です。

 

非常勤講師と同じようなもので、勤務時間が一定ではない事が大半ですが、その分ある程度就労時間に融通がきくというメリットとして考える事もできます。

 

たとえば、家で自分の親を介護している方や、育児をしながら動くような方には、非常勤ホームヘルパーの方が良いケースもあります。

 

しかし、自分の都合と就労時間が一致するかどうかは職場次第です。

 

 

一般的な非常勤ヘルパーの勤務時間は、1日3〜4時間程度です。

 

即戦力として動くだけのスキルがある人であれば、週に3〜4日程度ははたらく事ができるでしょう。

 

時給は1,000〜1,500円と高めですが、勤務が短時間の為、月収は7万円くらいになります。