訪問型サービス

訪問型サービス

 

ホームヘルパーのお仕事をする場合、その内容もさる事ながら、どのような形でヘルプ決める対象者の方と接するかという点でも区分けがなされます。

 

基本的には、訪問型、通所型、入所型の3通りに分かれてあり、これによっておんなじホームヘルパーであっても職場や役割が変わってきます。

 

 

訪問型サービスは、ホームヘルパーがサービス利用者の自宅をめぐって介護サービスを行うと言うタイプのものです。

 

これは、自宅で介護を受けたい、あるいは自宅でないと受けられないという人に向けてのサービスです。

 

主な役割としては、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリ等となっています。

 

 

訪問介護や訪問入浴介護は、利用者の家を訪れてその日常生活の支援を行う介護サービスです。

 

訪問入浴介護の場合は、利用者の家に特殊浴槽を運び込み、入浴してもらうというサービスとなります。

 

家の浴槽では入浴が苦しい状態でも、特殊浴槽の場合は可能です。

 

介助は基本的に複数人で行なうことになります。

 

 

訪問看護は、怪我をして動けない方、重度の要介護者に対して、医学的アプローチの管理を行う介護サービスです。

 

体をぜんぜん動かせないという人向けの介護サービスになる為、通常の介護よりも専門知識が必要となります。

 

 

訪問リハビリは、リハビリが必要な利用者に対して、理学・作業療法士等が訪問サービスを行うと言うものです。

 

ホームヘルパーは主にスタッフの一員としてこれらのヘルプをします。

 

 

 

通所型サービス

訪問型のサービスは、ホームヘルパーが利用者の家を訪問するタイプの介護サービスです。

 

それに対して通所型は、施設に利用者が伺う形をとっています。

 

従って、ホームヘルパーはその施設に出勤し、なので介護サービスを提供する形になり、通勤する場所は絶えず一定となるのが一般的です。

 

 

通所型サービスの場合は、デイケアセンターという施設に勤務するのが一般的です。

 

そこでホームヘルパーが負う役割は、主に通所介護、通所リハビリといったものになります。

 

通所介護は、訪問型サービスの訪問サービスと比較すると、軽度の介護状態の方が多い分、内容は軽めです。

 

しかし、多人数の人に対して介護サービスを提供することが前提となっているので、労力的に楽ということはあんまりありません。

 

主に食事や入浴といった生活支援を行いますが、同時にレクリエーション活動や趣味全般のサポートもしていきます。

 

老人ホームの介護として差し支えないでしょう。

 

 

通所リハビリは、病棟や保健施設といったところでリハビリの支援をするサービスです。

 

やはり、理学・作業療法士といった有資格者の指導が前提となっており、ホームヘルパーは彼らの指示に従ってリハビリの際に歩行を手つだいたり、身体を支えたりする役割を担います。

 

 

通所型サービスを利用する人は、訪問型と比較するとかなり自分で行動できる範囲が広くなります。

 

その為、自我も強くなりが些かいうところが訪問型サービスとは大きく異なる点になります。

 

 

 

短期入所型サービス

短期入所型サービスは、ショートステイとも呼ばれている介護サービスです。

 

ショートステイとは、通常は自宅で生活している方が短期間の施設入所を行ない、そこで介護を受けるサービスを指します。

 

従って、短期入所型サービスにおいてホームヘルパーが行うのは、院内における介護ということになります。

 

この場合、勤務するのは短記入所施設になるのが一般的です。

 

 

短期入所型サービスは、たとえば家族が旅行に出かけるために数日間家を空ける時、リハビリなどの一時的な介助が必要なのに介護する人がいないという場合などがあります。

 

このようなケースでは、療養に重きを置いたサービスを提供するのとともに、生活上の支援に重きを置いたサービスの提供をも立ち向かうことになります。

 

その為、他の形態の介護サービスと比較すると、多寡、柔軟性が求められる事になるでしょう。

 

 

短期入所型サービスにおいて、ホームヘルパーが請け負う役割は大きいと言えます。

 

通所型ものの多くの人が利用する事を前提とした施設というよりは、そういうところへのつなぎ、あるいは日常生活におけるつなぎとして利用されることが多い施設の為、多くのプロフェッショナルな人員を割当てることがしにくいという事情もあって、ホームヘルパーが行う仕事の範囲が広いのです。

 

場合によっては、送迎車の運転や相談業務要員といった役割を任される事もあるでしょう。

 

まったく大変ではありますが、共々裁量という点では全然自分でやれる事もあり、仕事の幅は広がります。

 

 

 

生活援助

様々な形態があるホームヘルパーの仕事ですが、まさに立ち向かう介護の内容は、それぞれ大きな違いはありません。

 

基本的には、自力での生活が困難となった高齢者の日常生活を支援する事が目的となるので、決める事は定まっています。

 

ホームヘルパーの具体的な職務は次のようなものです。

 

 

ホームヘルパーの仕事は、主に「生活援助」と「身体介護」に分かれます。

 

勿論、どちらか一方というわけではなく、両方を行うのが基本です。

 

しかし、病状、要介護度にて、その程度は大きく変わってしまう。

 

 

生活援助というのは、簡単に言えば家事の手伝いを中心とした生活の支援です。

 

主な内容は、調理、掃除、洗濯、買いもの、といったようなものです。

 

ホームヘルパーというと、こちらの印象の方が力強いかもしれません。

 

介護とは関係ない部分でも、たとえば仕事で忙しくて所帯ができない人が、こういった日常生活で必要な作業をしてもらう為にメードを雇うケースは珍しくありません。

 

それもまた、ホームヘルパーの役割のひとつです。

 

 

要介護者及びそれに因る方に対しての生活援助は、健常者に対しての援助とは至って内容が異なります。

 

本当に、調理が最も異なり、始終栄養のバランス、食べやすさを考慮しなくてはなりません。

 

最もお年寄りの場合は歯が弱って噛めない人や、胃が弱ってひどいものは食べられないという人が多いので、ホームヘルパーはある程度知識をする必要があります。

 

単にお料理が上手であれば良いに関してにもいかないお仕事なのです。