スポンサーリンク

ホームヘルパーとは

高齢化社会となって久しい日本ですが、その影響もあって、現在は介護の分野が非常に大きな注目を集めています。

 

その一方で、介護の仕事の需要に対し、なんだかこのお仕事を通じていこうという人が集まらないのも現実問題としてあります。

 

とはいえ、今後は介護の分野が会社の、そして福祉のメインストリームになることは間違いないでしょう。

 

なので、この介護というお仕事のひとつであり中心もあるホームヘルパーについて覚え、日本の未来について考えていきたいと思います。

 

 

ホームヘルパーとは、要介護状態の人に対して、日常生活を送る事ができるようにサポートしていくみなさんであり、その資格です。

 

ホームヘルパーは現在、社会における介護という問題を一手に請け負う存在であり、その負担はかなり大きくなってきています。

 

非常に重要な存在ということですね。

 

その一方で、労働条件が過酷、賃金がそれほど悪いといった問題も短くなく、今後の課題となっています。

 

とはいえ、就職難の現在、ホームヘルパーは資格さえ取れれば確実に仕事があるので、自身の生活を支えて出向くという意味でも、甚だ意義のあるお仕事となっています。

 

 

ホームヘルパーは、様々な場所に仕事場が存在します。

 

お年寄りの住む家、各種老人ホーム、シルバーセンター等々、たくさんの場所でホームヘルパーが必要とされています。

 

そうして、お年寄りにとってホームへルパーは自身の生活を支えてくれる、かけがえのない存在です。

 

必要とされる仕事。

 

それが、ホームヘルパーの最大の定義かもしれません。

 

 

 

ホームヘルパーが生まれたいきさつ

第三者による高齢者の介護という概念は、元々は存在していませんでした。

 

基本的に、昔の日本では親の世話は子がするのが著名でしたし、それがしんどい場合は病院、老人ホームといった施設で世話をしてもらうというのが通常だったようです。

 

 

その一方で、高齢者へのサービスをずっと充実させようという動きもじわじわ見えはじめ、1950年代から60年代ごろになると、「家庭奉仕員」という職業が誕生します。

 

これが、ホームヘルパーの原型となった職業です。

 

自治体が福祉サービスの一環として、各家庭に必要に応じて派遣していた家庭奉仕員は、長期入院が困難な景気の家庭を中心に利用され、その需要を伸ばしました。

 

とはいえ、まだまだプラスとしては決してしっかり定まっておらず、社会的地位の確立も不完全だったことから、発足当時のサービスの質、人手はかなりリライアビリティを欠いていたようです。

 

 

ホームヘルパーという言葉が生まれたのは、1989年に発足した「ゴールド種類」という福祉公的サービスの中です。

 

このゴールド種類内に、ホームヘルパーという言葉が使われて以降、一般にも認知されて出向くことになりました。

 

そうして、高齢化社会という問題が激化してきた90年代末期から00年代初頭にかけ、多くの人が耳にする機会が目立ち、現在に至っています。

 

 

家庭奉仕員の誕生からホームヘルパーが生まれるまで、さんざっぱら30年もの年月がかかりました。

 

これは、経済成長期にあって、めったに福祉というものに力を注いでいなかったことが要因と思われます。

 

いくら経済的に順調だったとはいえ、各家庭がホームヘルパーもののサービスをいまひとつ必要としていなかったというわけではないでしょう。

 

 

 

ホームヘルパーの現状

介護の求人は、他の分野の仕事と比較すると、明らかに多いと思われます。

 

とにかく田舎に行くと、求人は介護の仕事が大半を占めています。

 

それくらい、介護の人員が不足しています。

 

 

ホームヘルパーに関しても、さすがこの事はあてはまります。

 

これに関しては、単純にこの仕事に人気がないというわけではなく、もう一度他に原因があります。

 

前もって、90年代においてホームヘルパーの数はあんまり多くはありませんでした。

 

90年代中盤の段階で、ホームヘルパーの人口は6万人程度だったと言われています。

 

その後、政府はゴールド種類の改変をやり、ホームヘルパーの数を90年代末期までに17万人に繰り返すという政策を実施しました。

 

 

ただ、この見通しが甘かったのです。

 

当時、もう高齢化社会が進行していた事もあり、90年代末期には17万人のホームヘルパーも高齢者の人数を考慮すると徹頭徹尾足りず、介護の人員が圧倒的に不足する事態となってしまいました。

 

その後、新たにゴールド種類21が出来上がり、5年以内にホームヘルパーの数を35万人に繰り返すという政策を政府は打ち出します。

 

ただし、この数けれどもまるで高齢者の人口に対して足りていないという状況になり、現在に至ります。

 

 

ホームヘルパーの数自体は、順調に増えています。

 

しかしながら、団塊の世代が高齢者となったこともあり、高齢者の数が急増したことで、でもまるで追いついていません。

 

早急なホームヘルパーの増員が必要ですが、結構そう簡単にはいかないようです。

 

 

 

ホームヘルパーに必要なもの

高齢化社会に突入して以降、絶えずホームヘルパーの数は不足し続けています。

 

この理由はたくさんありますが、その中のひとつに、ホームヘルパーになる為の素質を有する人が限られているという点があります。

 

つまり、ホームヘルパーに必要な素質を誰もが所持しているわけではないということです。

 

その為、仕事に就いても直ちに辞めてしまった、という人も多いのが現状です。

 

 

ホームヘルパーに必要なものは、とにもかくにも根気です。

 

根気のない人がこの仕事を積み重ねる事はできません。

 

逆に言えば、根気さえあれば、基本的にはやっていただける仕事です。

 

それ以外のことは、続けていく中で身についていきます。

 

しかし、高齢者と常に扱う仕事ですから、相手の気持ち、最もお年寄りの気持ちを理解し、コミュニケーションをしっかり落とせる人でないと、何となく務まりません。

 

 

また、ホームヘルパーの仕事において重要なのは、臨機応変に対応出来るかどうかという点です。

 

お年寄りの中には、奇抜な行動をする人もいれば、さっぱり予想できない事をする人もいます。

 

こういった高齢者に対して、辛抱強く、そしてやさしく接するには、どういうことにもしっかり対応出来る柔軟な心が必要です。

 

 

そうして、人と接するこの職業は、守秘義務が必然的に生まれます。

 

相手のプライバシーに関して、あまり周囲にいたずらに話さない、漏らさない人である事が求められるのです。

 

相手に対して踏み込む一方で、そのことをそんなに気持ちよく考えてはいけないという事です。

 

 

 

ホームヘルパーの仕事を知ろう

具体的にホームヘルパーの商いを見ていきましょう。

 

介護という事である程度想像が付く部分もある一方、意外な仕事もあるというのがホームヘルパーです。

 

ただ、基本となる部分は、一般的に介護と呼ばれる分野のノーマルな仕事となります。

 

 

とにかく、要介護者に対しての身体の介護全般です。

 

生活の支援が主な内容となります。

 

具体的には、食事や排泄、着脱、入浴、清拭といった事の世話を行います。

 

人間の生活において必要なことのほとんどをサポートするとして良いでしょう。

 

 

また、家事全般に関しても同様です。

 

炊事、洗濯、掃除、整理整頓、買いもの、各種手続きなど、体の状態によって必要なサポートを行います。

 

 

そうして、要介護者を持つ家族や、介護が必要かどうかのボーダーライン上にいる人などに対して相談や助言をするのも、ホームヘルパーの仕事のひとつとなります。

 

 

要介護者に認定されている人の場合、自力で起き上がることも困難なケースが手広く、とりわけ移動するという事をサポートしていくことになります。

 

そうして、生活基盤となる食事や排泄、家事全般といったものを支えて出向く事で、お年寄りの生活環境を整えて出向くのが、ホームヘルパーの存在意義となります。

 

従って、ホームヘルパーという職業は、みんなの生活を、命そのものを支えて行くという、非常に大きな意義を有する仕事と言えます。

 

その責任はさほど何気なくはなく、労働条件を考慮すると過酷という表現を使わざるを得ません。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク