防犯ブザーとは

スポンサーリンク

防犯ブザーとは

日本は安全、治安大国だと言われていたのも今は昔。

 

現在の日本は景気の悪化もあり、たくさんの事件が発生しています。

 

最も狙われるのは、力のないお年寄りや子供といった人達です。

 

自ら登校や下校を毎日している小学生に関しては、間違いなく狙われ易い存在と言えるでしょう。

 

今は昔のように、登下校の途中に近所のおじいさん、おばあさんが声を掛けて地域の治安を続けるという状況ではなくなっています。

 

マンションが立ち並び、近所付き合いも希薄化してきている中、地域が子供達を続ける事は年々難しくなっています。

 

 

こうした中で、大きな役割を果たすのが防犯ブザーです。

 

防犯ブザーとは、大きな音を鳴らすというだけの簡易的な道具ですが、その音が非常に重要な役割を果たします。

 

防犯ブザーを子供に持たせておけば、何か危機が迫った際にそのブザーを起動させる事で大きな音が周囲へと発信され、地域住民に対して自身の危機を伝える事ができます。

 

たとえば、車で連れ去られそうになった際などに防犯ブザーを起動させる事ができれば、誘拐犯はその音に驚き、そして周囲の人達は何か起こった事に気付いて外へ伸びるでしょう。

 

そうなれば、誘拐が未遂で取り止める可能性は非常に高くなります。

 

 

防犯ブザーは、現在小学生を中心に随分普及してきています。

 

やはり、これらの防犯グッズを使用しなくても喜ばしい世の中であればそれがベストですが、いかほど治安をよくしようとしても、初めて悪化したものはなかなか改善されません。

 

個人個人で対策を練るしかないのです。

 

そういった意味では、防犯ブザーの役割は年々大きくなっていると言えます。

 

 

 

防犯ブザーを所持する目的

子供を狙った犯罪は、昔からそんなに速くはありませんでした。

 

ただし、でも昔は子供を狙いがたい環境を地域全体で作っていた事もあり、未だに抑えられていた部分がありました。

 

それが希薄になった今、子供の安全を続けるのは親、そして当人しかいないという覚悟が必要です。

 

防犯ブザーを所持する目的は、そこにあります。

 

 

防犯ブザーは、外出時に携帯し、危険に巻き込まれみたいと思ったら使用する物です。

 

その為、目的は防犯についてになります。

 

未然に防ぐべきトラブルは、誘拐、痴漢、強盗といった犯罪です。

 

従って、所持する人は女性や子供が中心となります。

 

 

防犯ブザーは、犯罪心理学の観点からも優秀な防犯グッズと言われています。

 

犯罪者の心理傾向としては、犯罪という非常に狡猾で大胆な事をする一方で、周囲への警戒、恐れといった心情も人一倍激しく、そういう人間が最も恐れるのは、大きな音と言われています。

 

つまり、防犯ブザーは犯罪を未然に防ぐ手段としては非常に適切なのです。

 

 

まったく防犯ブザーというものがなかった時代に、一部の地域では子供にホイッスル、つまり鳴子笛といったものを持たせていた事があったそうです。

 

その目的も、防犯ブザーと共に音によって犯罪を未然に防ぐというもので、昔からの知恵が丸ごと現代の防犯につながっているについてになります。

 

因みに、防犯ブザーが商品化されたのは1970年代で、普及したのはストーカーという言葉が流行した90年代と言われています。

 

 

 

防犯ブザーと登下校

防犯グッズは扱いが苦しいもの、いざという時にとっさに使用できるとは限らないもの、使用方法を誤ると大きな問題となるもの、あるいは高額ものなど、そんなに有効でないケースもある為、何となく全体で推奨するは辛く、警察もそれに難色を示すケースが多いと言われています。

 

その中にあって、防犯ブザーは犯罪心理学の観点からも有効であるとみなされている点、価格が控えめである点、使用が実に簡単で、いざという時にでも使用しやすいという点などが評価され、その所持が推奨されています。

 

 

そういった事もあって、地域全体の治安維持および改善の活動にあたり、防犯ブザーを無料で配布するという動きが近年増えているそうです。

 

中でも、登下校をする小学生のいる家庭に無料で防犯ブザーを配り、毎日持っているように指導を通している地域もかなりたくさんあります。

 

こういった活動を通しているというアナウンス自体が治安の維持に効果を生む事にも通じるので、今後も増えていくと思われます。

 

 

近年まずは、ある程度高度な機能を有した防犯ブザーをレンタル品として貸し出しているケースもよくあります。

 

有名なのは東京品川区で、区内の小学生に、GPS機能や通話機能を有した防犯ブザー「まもるっち」を貸与しています。

 

 

その一方で、防犯や治安改善といった政策が随分足並みを揃えられない地域もあり、防犯ブザーの貸与と鳴子笛の配布が重なったケースもあり、格地域、格組織における連携が今後の課題の一つと言われています。

 

 

 

防犯ブザーのメリット

現在、様々な防犯グッズが数多くの製造会社によって製作されていますが、その中にあって防犯ブザーが持つメリットは少なくありません。

 

ひとまず、その携帯性の高さが挙げられます。

 

 

防犯ブザーは、近年GPS機能などの数多くの機能を有した上位機種が発売されていますが、こうした商品でも非常に低く、コンパクトに作られています。

 

また、一目それでは防犯グッズとはわからないようなキャラクターものや動ものもの、あるいはアクセサリーのようにくっつける商品が増えてあり、防犯グッズの持つおどろおどろしいイメージも乏しい事から、身に付ける事に抵抗がなく、また所持し易いというメリットがあるのです。

 

 

価格の手ころさも大きなメリットです。

 

1,000円以内で購入出来る商品も手広く、コスト面ではさんざっぱら楽です。

 

そういった背景もあり、地域毎に無料配布するケース、レンタルを通じているケースもあるのでしょう。

 

そういった点から、防犯ブザーは非常に経済的な防犯グッズと言えます。

 

 

そうして、防犯ブザーの最も大きなメリットは、やっぱその効果です。

 

犯罪心理学の観点からも保証されている事から、父兄としても安心して所持させる事ができます。

 

いくら防犯グッズと言っても、いよいよ犯罪に巻き込まれそうになった時、あるいは巻き込まれたところ本当に使用出来るかというと、そんなに簡単ではないものです。

 

とっさの判断で望める人間の行動は、非常にシンプルでなくては酷いのが現状です。

 

そういう意味でも、防犯ブザーというグッズはとても理に適っています。

 

 

 

防犯ブザーの問題点

多くの長所がある防犯ブザーですが、あまり現時点における商品がベストとはいえません。

 

まだまだ課題や問題がいくつかあります。

 

そういう問題は、防犯ブザーとか如何なるものにでも存在するもので、それを少しずつ改善していくのが、技術の発展につながっていくのです。

 

 

防犯ブザーも、昔と比べると格段に進歩しました。

 

そうしてこれからも進歩していくには、そういった問題や課題を使う側も分かる事が大切です。

 

使用する人達がこうしてほしいと名乗る事が、メーカーの技術開発の改善にもつながるのです。

 

 

ただ、不具合として指摘されている事の多くは、使い手や環境に関するものです。

 

たとえば、いまだに低学年の子供に与えると、登校中や学校の中で無闇にブザーを轟かすという問題が発生してしまうケースがあります。

 

この問題は、騒音による弊害だけではなく、平常たまに防犯ブザーの音が鳴り響いていると、いよいよ本当に危険に巻き込まれて鳴らした際にも、周囲が遊びと認識してしまい、関心を持たないという可能性があるのです。

 

そうなってしまうと、せっかくの防犯ブザーの効果も著しく失われます。

 

 

また、近年それでは例えブザー音が外で鳴っていても、よくそれに関心を示さないという環境が今やできてしまっているケースもあります。

 

これは普段ブザー音に慣れているかどうかに関してに関係なく、単純に外の出来事に関心を示さない人が増えているという社交性の問題です。

 

 

こういった問題の解決方法として、ガソリンスタンドやコンビニエンスストア等で、そういう音が聞こえた場合に率先して店員が出て行ったり、逆に避難場所として機能させたりするという活動が進められています。

 

 

 

防犯ブザーの形状

防犯グッズの役割として、「抑止力」というものがあります。

 

使用する事で犯罪を未然に防ぐというのが仲間。

 

そうして、防犯グッズを身に付けている事をアピールする事で、その対象者を犯人に警戒させる事が仲間。

 

ひいては、こういうグッズが地域内に普及しているというアピールをする事で、地域全体の安全や治安の維持を行うというのが1つです。

 

これらの抑止力の中で、2番目の「対象者に対しての警戒」は、防犯ブザーの外見、形状が請け負う事が多いです。

 

 

ひったくり、誘拐、痴漢といった犯罪を行おうとする犯人の心情を分析するとすれば、ひとまず力のない人を狙おうと考えます。

 

抵抗されても振り切れる相手、誘拐しやすい相手、犯罪を行われても泣き寝入りしそうな相手などです。

 

つまり、女性、子供、高齢者となります。

 

ただ、こういった人たちが仮に身体に防犯グッズを身に付けている事がわかった場合、わざとその人を願う必要性がない限りは撤退すると考えるのが妥当です。

 

 

たとえば防犯ブザーを身に付けていると事前にわかった場合、犯人はわざとその人に近付こうとはしないでしょう。

 

もしも不審者とみなされれば、事に及ぶ前にブザーを鳴らされ、注目を集めます。

 

犯人はそれだけは避けたいはずです。

 

 

そういう意味でも、防犯ブザーは「これは防犯ブザーだ」と頷ける形状が好ましいでしょう。

 

現に、多くの防犯ブザーが形状を統一してあり、大体直径3cm程度の円形で、ひも状のスイッチが付いている物となっています。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク