畳が注目される訳

畳が注目される訳

 

私達の近年の住環境において、フローリングやカーペット、絨毯等の割合が多い様に思えますが、近年畳の需要が増えてきている様なのです。
どうして、今畳が注目されているのでしょうか。
それは畳が所持している機能が何とも重要視されているからなのです。
湿気を抑えてくれたり保湿作用があったり、空気の浄化作用があったり、断熱性が有ったりと冬も夏も過ごしやすい環境を整えてもらえる敷ものは畳の他にはないのではないかという位だと思うのです。
そんな畳を取り入れて年月が過ぎ行くと、表面が青から色褪せてきてしまいますよね。
そうした場合は畳張替えを通して行く事で長く畳を使い続ける事が出来る為、逆に経済的なのではないかと感じます。
そこで、畳が注目わたる理由を以下に挙げていきたいと思います。

 

 

【断熱性・保湿性】
空気と言うのは熱がわかり難い性質を所持しています。
畳にはい草の性質上空気をたくさん含んでいます。
その為に夏は畳自体が暑くならずに気持ち良いし、冬も寒くなり過ぎずに清々しい状態でいてもらえる。
これも全て畳においている空気のお陰と言って良いでしょう。
畳の空気はい草には無論含まれているのですが、畳のポイント、畳床に関しても藁が使われている為に、藁の内部のスポンジ状の所に空気が含まれているのです。
それもまた断熱性、保湿性の持つ特徴かもしれません。
畳床は大事に扱っているからこそ畳張替えも出来るのです。
冷暖房効果が有る畳だからこそこのエコの時代に盛込みられている理由かもしれませんね。

 

 

 

畳が注目される訳2

今、畳が注目されている理由を挙げてみたいと思いますので、ぜひ畳張替えを検討している方は参考にして下さい。

 

 

【弾力】
畳の上を歩いた事が見て取れる人は殆どの方だと思いますが、歩いていて気付いた事はなかったでしょうか。
硬過ぎず柔らか過ぎず、調度良いと思わないでしょうか。
その弾力と言うのはどういう様に生みだされているのでしょうか。
畳の表面に見て取れるい草部分を畳表と呼んでいます。
い草は繊維質の植ものになっていて、それを織り込んで作られている物になります。
い草の断面を見ているとスポンジ状のものが詰まっているのが分かります。
このスポンジ状の部分に空気が含まれているので、その部分を踏む事で適度な弾力を得る事が出来るのです。
また、畳床は藁でつく荒れていますが、藁だけだと柔らかすぎますよね。
但し畳床として使われている藁は40cm位の高さを5cm程になるまでに圧縮させている為に、適度にごつく、柔らか過ぎない感触を得る事が出来るのです。
そういった感触は他の床材ではちょい求められない所かもしれませんね。
そうしてこの含まれている空気は弾力だけじゃなくて、音を吸収してくれる効果も期待出来ます。
ですから、あたふたと走り回るお子さんがいても在る程度は大丈夫なのです。

 

 

また、畳は弾力がよくて歩き易いだけじゃなく、抗菌性も有りますので衛生面も良いと注目を集めています。
その為に、狭いお子さんがいる所ではほんとにオススメした床材かもしれませんね。
畳張替えの際にはそういった面も重視して選ぶと良いと思いますよ。

 

 

 

畳が注目される訳3

和ブームが起こっているのか、今畳の注目度が高まっている様な感じがします。
ホームセンター等にいくと、畳コーナーが有って、畳張替えの販売を通じていますし、WEBにも畳張替えの販売がたくさん行われています。
なので注目をまとめる理由を挙げていきましょう。

 

 

【用途に集める】
畳の一番の特徴としては、住んでいる人の環境に合わせて何かと自由に使う事が望めるという事です。
家族の団らんとして茶の間として取り扱うのも良し、お客様をお通しする応接間として取り扱うのも良し、寝室として扱うのも良し、色々活かし方が買えるのが魅力です。
またテーブルと椅子という様なものはきちんと畳の部屋ではつぎ込みませんので、皆が畳の上に座って頂く事が出来るのも魅力でしょう。
色んな顔を持つ畳はぜひ有効活用したいアイテムですよね。

 

 

【燃え辛い】
畳の中には畳床というのが有りますが、藁を圧縮させて作られている物になります。
これは絶対では有りませんが紙は1枚だと燃え易いですが何層にも重なっていると燃えがたいという性質があると言われていますよね。
藁にもそれが該当して、圧縮された藁は燃えづらい性質を携帯しているそうです。
その為に直ぐには燃えにくいという特徴が有ります。
そうして、燃え辛いと言う点では畳にはいつも適度な湿気が含まれています。
このお陰で火が点いたとしてしても燃え上がるというのではなく、ブスブスとくすぶる様な感覚と言うとお分かり頂けると思います。

 

 

 

畳が注目される訳4

色々な機能が畳に在るってご存知でしたでしょうか。
近年色々注目をされている畳ですが、機能が多々有るそうで、畳張替えをするかカーペットを敷くか迷っている方にはこの機能面が魅力で畳張替えに思い切る方が多い様です。
ではどういう機能が有るのでしょうか。

 

 

【吸放湿性】
今取り扱われている畳は化学製品の場合も有りますが、殆どはい草が使われた植もの性のものだと思います。
自然の材料を通じている為に、自然の力が多いに発揮する効果が期待出来るのです。
畳は空気を適度に含んでいます。
い草が空気を含むとそれと合わせて湿気も吸ったり吐いたりしているそうなのです。
これによって部屋が乾燥し過ぎず、逆に湿気が多くなり過ぎず調度良い湿度を保って受け取るらしいのです。
良く言われる事に和室は夏が涼しくて冬は温かいと言いますよね。
これはい草と畳床に使われている藁のお陰だと思います。
空気を吸ったり吐いたりする事で気温調節・湿度調節を通して貰える。
つまり畳は生きているという事と同じだと思うのです。
ですから大切に立ち向かう必要が有ります。

 

よく畳1帖で吸収出来る水分は500mlにもなると言われています。
それが6帖分にもなるともの凄まじい多くの湿気を吸い取る事が出来るという事になりますよね。
乾燥したらその水分をあて加湿する。
エアコンや暖房を使わなくても快適に過ごしやすい環境を与えていただける。
畳が昔から廃れずに親しまれてきた理由はこんな畳にすごい機能が備わっているからかもしれませんね。

 

 

 

畳が注目される訳5

畳ってわずか敷くだけのものって思ってはいないでしょうか。
畳には意外に生活に欠かせない機能が備わっていて便利な敷ものだと思います。
畳は一度購入して敷いたらい草の香りがプーンとして良いと思うのですが、時間が経つと香りも消えますが色も褪せて来るよね。
そんな時には畳張替えを通じてメンテナンスを通してください。
畳張替えには方法がいくつか有りますので状態に合わせて選ぶと良いでしょう。
では畳にはどういう機能が備わっているのか例を一つ挙げてみたいと思います。

 

 

畳は空気を浄化できる機能があるのです。
これにより畳の部屋の空気はキレイになるという事になります。
どうして空気が浄化わたるのかと言うと秘密はい草に有ります。
自然のい草を通じている畳であればの話になりますが、い草の中身ってふわふわしたスポンジ状になっています。
スポンジの空いている部分には二酸化窒素が吸着されるのです。
二酸化窒素は人体に大して有難い影響を出さないと言われているのですが、空気中においていますので、吸着できるのであれば空気が浄化わたるのも分かりますよね。
最近ではシックハウス症候で悩まされる人もいる様ですが、この原因の一つに二酸化窒素が見て取れるそうです。
そういった原因を取り除いてくれるのであればシックハウスになる人も減ってくるという事になりますよね。
空気の浄化と共に体への影響も良いとなれば、やっぱ畳が注目を集めて人気が出てくるのが聞き取れる様な気がしますよね。