どんな畳を選んだら良いのでしょうか

どんな畳を選んだら良いのでしょうか

 

新築で家を建てる時、畳張替えで初々しい畳にする時、いかなる畳を選んだら良いのか思い付かのが現実ですよね。
そこでどんな畳を選んだらいいのかポイントをご紹介ください。

 

 

先ずは畳に使われている畳床が何の種類かどうかを確かめましょう。
畳床と言っても種類が有ります。
「稲わら」「稲わらサンドイッチ」「建材」という種類が有ります。
畳床自体は使っている時は見えない所なので何でも良いという人もいるでしょうが、特性等をよく調べた上で自宅の環境にいかなる畳床が合っているのかどうか練り上げる様にください。
喜ばしい畳床の場合は畳張替えをする際にも劣化が遅いので長く使って頂けると思いますよ。
次にい草の状態は大きなポイントと言えるでしょう。
畳で一番目にする所、じかに接する所も有ります。
均一で密度が見て取れる畳表なのか、長いい草で編まれているかとか見ておく必要があるでしょう。
畳表1つで部屋の雰囲気も変わりますし、歩いた感覚もとても違うと思います。
一番重要な畳選びのポイントと言えるかもしれません。
最後に、畳自体の種類を選ぶのですが、畳には色んな種類が有ります。
賃貸住宅用の少々経済的な畳、業務用に通じる様な畳、一般的なお宅に通じる様な畳など適材適所で選ぶ必要が有ります。
畳を使う部屋はいかなる部屋なのか充分考慮して選ぶ様にください。
また、畳張替えをする際には家財を切り回したり、古臭い畳を処分したりしなければなりません。
畳の料金だけじゃなくこう言った料金もかかってきますのでちゃんと確認しておく必要が有りますよ。

 

 

 

畳の善し悪しの判断

表替えという畳張替えの種類が有ります。
表替えとは畳表部分を取り替えて得る事を指しています。
それではこの畳表とはなんなのでしょうか。
畳表の善し悪しで畳張替えの際の保たれ方がなるというのです。

 

 

畳表の良い悪いという判断は、畳に使われている素材であるい草、糸、織り方、この3つで仕上がると言われています。
畳張替えをしたばかりの時には上物も低級品も差が無い様に感じます。
そうなると短い方がお得としてしまいますが、この差は時間が経つとともに起こるものだと思いますのでよく考慮する必要が有るのです。
ではいい畳表を使用するとどうなるのかと言うと、可愛い畳表には良質のい草が使われています。
良質で良い織り方をすると毛羽立ちが抑えられますし、しっかりもしているし、畳の溝もしっかりと判断出来ます。
そうして最初は青いい草の色も時間が経つとともに詳しい黄色という感じで退色していくのです。
また畳張替えの1つである裏返しを通じてもその差は歴然としてあり、他の低級品と比べて上物は色合いも感触もしっかりとしています。

 

 

こんな上物としているご家庭は一般住宅の場合が多く、低級品は賃貸住宅で使われている場合が多い様です。
用途によってどちらの畳を選ぶか違うと思いますが、色んな感触を考えてみても上物の方が良いというのです。
低級品を使うと一時で払う額は少ないと思いますが、結果的に考えると上物の方が経済的だという事になると思いますよ。

 

 

 

畳には色々有ります

目新しい畳に畳張替えをする際、せっかくだから今までの畳の形とは変えたいなと思った事はないでしょうか。
畳にはいくつか種類が有りますので、その中から好みに合わせて選ぶ事になります。
そこでいかなる種類が有るのか挙げてみたいと思います。

 

 

【縁有り畳】
一般的な畳の形になります。
構造で言うと畳床、畳表、畳縁という様な感じになります。
使われる材質によっては低価格帯から高級値段まで何だかんだ有りますが、この使われる材料によって種類が細く分かれていますので選ばれる際には正しく説明を受けた方が良いでしょう。
最近の傾向としてはバリアフリーに移行する動きで、ない畳が増えてきているようです。

 

 

【縁無し畳】
上記の物とは逆に縁が無いタイプの畳になります。
琉球畳と言うと分かるでしょうか。
このタイプの畳は加工がいともしんどいので琉球畳表が使われているのが一般的な様です。
大量生産されている縁有り畳とは違って、加工がむずかしいので手作業で製造されている事が多い様です。
真四角の縁無し畳を90度反転させて据え置く事で市松模様の様にしたりとか、オシャレな和室を演出する事ができ、人気が急上昇している畳です。

 

 

【床の間】
これは床の間部分に取り扱う独特な畳表を使用している物で、元々は龍髭畳表というものが使用されていたそうです。
しかし現在では大して使われていなくて簡略版の床の間の畳を使っている事が多いそうです。

 

 

この様に種類がいくつか有りますので、好みや用途によって畳張替えの際に選ぶ必要が有ります。

 

 

 

畳はどう選べば良いでしょうか

新築で家を建てたり、畳張替えで畳を変えたりする際には、畳張替えの種類によっていかなる畳を選ぶのかポイントを定めなければいけません。
先ずは畳床です。
何の材料を通じて畳床が作られているのか知っておく事で掃除等のお手入れの方法も変わってきます。
またい草の状態がどんな状態なのか、知っておく事で善し悪しもなるというのです。
たとえば歩いていてい草が足に当たる様な感触が有るとしたら、それはいい畳とは言えませんよね。
そうしたふとした事が畳選びに必要になってくるのです。
また畳を通じている住宅においても住宅によって適している畳というのがなる様なのです。
賃貸だったらそんなにいい畳を使わなくても望ましいとか、一戸建てならこだわってみるとか、防音効果があるとか、住宅がコンクリートで作られているから保温性があるものが良いとか色々選ぶ基準はあるのです。

 

 

どんどん畳を選ぶ際ですが、部屋のイメージを重視して選ぶ必要が有ります。
一般的な縁有りの長方形タイプの畳においていかなるイメージかとか、正方形で縁無しの琉球畳の様なタイプの畳においてどういうイメージになるのかとか、それぞれイメージが有りますよね。
また畳の敷き方、畳の色によってもイメージがなるというのです。
シックにいきたければ暗めの畳、明るい雰囲気を出したいのであれば淡い色の畳等良いでしょう。
またお手入れが面倒という方の場合、最近化学繊維で作られている畳も普及しつつあるので、それを利用するとダニ等の心配が激減すると思いますよ。
また、フローリングの一角に畳スペースを探る等、その家に合わせた選び方をする方法が有ります。

 

 

 

良い畳店を選ぶ

大切なお宅で畳張替えをしたいと考えた時、どの畳店に依頼すれば良いのか悩みますよね。
有難い畳を得る為には良い畳店を選ぶ事が大切となります。
喜ばしい畳店では例え安い価格だとしても二度と小さい様にはならないでしょう。
ではどういう畳店が良い畳店という事なのでしょうか。

 

 

真に店舗を構えている畳店を選ぶのが良いと思います。
今はインターネットの時代ですし、真に店舗を構えずに畳張替えの注文だけを受けて行っているお店も有ります。
でも素晴らしい畳店とは製造販売まで手掛けている畳店だと思うのです。
真に店舗を構えているという事は信頼に値すると言っても過言ではないと思います。
そんなふうにする事で真にお店の人とも見合う事が出来ますし、お店の状況等もでるでしょう。
仮に店舗に作業場が有ったらそれほどオススメです。
何故なら作業台があるという事は機械縫いを通じているのではなくて手縫いを通じているという証拠にもなりますから、技術もあるという事になると思いますよ。
そうして断然オススメしたい店舗選びとしては説明を正しく行ってくれる畳店という事です。
試しに畳の価格を聞いてみましょう。
このたまに「何円だよ」と1価格だけ提示してくる様なお店は要注意です。
畳には等級が有りますのでこの等級特別値段を説明して得るお店だと親切、丁寧なお店と言えると思います。

 

 

店舗選びは飽くまでも絆においているというのです。
自分の感覚を信じて真に赴き、話をして選ぶのが望ましい畳を選ぶ秘訣なのかもしれませんね。

 

 

 

畳は楽しめる物なのです

近年見直されてきている傾向にある畳。
和室は見て取れるけれども長年放っておいていたり、フローリングやカーペットとしてしまって和室じゃなくしてしまったりしている人もいる事でしょう。
なので最近注目されているのが畳張替えなのです。
畳張替えをすると、今ある古臭い畳がキレイに蘇り、畳自体を楽しむ事が出来ます。
では、どうして畳は楽しむものなのでしょうか。

 

 

【香り】
先ずはあのい草の独特な香りを楽しみましょう。
なぜか知らないけれどもい草の香りってちゃんと和らぎますよね。
心が穏やかになると言うか日々の疲れを癒してくれると言うかそういったアロマテラピー効果が見て取れる様に感じるのです。
畳を新しくしたり、畳張替えをするとその香りが楽しめます。

 

 

【肌触り】
畳の楽しみ方として、肌触りを楽しむ事が出来ます。
触った時に喜ばしいい草だと肌触りが全然よく、何やらリライアビリティと言うかホッとする様に受け取るというのです。
このい草の質感で畳を楽しむ事が出来ます。
何だかい草が自然材料だからこそ出来る技なのかもしれませんね。

 

 

【日本人だなぁという】
畳の上に靴を脱いでのぼり、生活をしているという文化は日本ならではだと言われています。
裸足でしっかりと畳を踏みしめて、寝て、感触や香りを楽しむ事で「あぁ日本人に生まれて良かったなぁ」という感じを食らう事が出来ます。
畳の良さを知っているからこそ見える事が見込める感想だと思うのです。
こういう感じをじっと楽しんでみるのも良いと思いますよ。