昔と今の住環境の変化

昔と今の住環境の変化

 

昔と比べると現代の住環境はたいへん変わってきていると思います。
より快適に過ごせるようにと様々な機能が搭載されていますし、欧米化してきているのも事実です。
ただし日本では昔から欠かせないものとして「畳」が使われている家が多いですよね。
和室がある部屋の方がホッとするという人も多い様です。
畳は一旦目新しいものを入れてもそれでおわりという訳ではなくて、畳張替えをする事で絶えず長く使って行く事が出来ます。
畳張替えという技術のおかげで経済的に快適に畳を使う事が出来るのも事実ですよね。

 

 

日本で作られている畳は日本仕様ですので、夏の高温多湿によって作られています。
昔は木造の家が多かったですが、木造の家プラス畳の部屋という組み合わせは最高な住環境で有った様です。
何故なら昔作られていた家は通気性を重んじて作られていた所も有った為、材料も木や紙を使ったりして工夫されていたのです。
そのお陰で高温多湿の日本においてもその気候に合った畳を使うという知恵だったのだと思います。
また昔は扇風機を使ったり、すだれを使ったり、風鈴を使ったり、打ち水をしたりして涼に関する知恵を出して過ごしやすい環境を作り出していたのです。
畳も昔の人の知恵ですよね。
それほど考えると今の住環境は楽過ぎると思わないでしょうか。
エアコンのスイッチをピッと圧すだけで涼しくも熱くもなり、季節感が無くなってきている様な感じがします。
昔が全ていいとは思いませんが、情緒も必要な感じもしますよね。
その為にも畳は無くしてはいけないものだと思います。

 

 

 

畳の大敵

近年、日本住宅は洋風化してきていると思います。
フローリングやカーペットの部屋が多くなり、畳の部屋自体が少なくなってきているのです。
なぜ畳の部屋が少なくなっているのでしょうか。
原因の一つに言える事に、畳の大敵であるダニの問題が関係している様なのです。
覚えている人は乏しいかもしれませんが、昭和40年代、大量のダニが関西地区や関東地区の公舎や団地から発生しました。
これにより畳が駄目になってしまい、更に大変だった様です。
新聞等に取り上げられてニュースになった位だったので被害は大きかったのでしょう。
この辺りから畳は今までの国産ではなくて、一層少ない畳床による輸入畳床をベースにして賃貸等の畳に生きる様になっていたそうで、それがダニ発生の大きな原因になったとも言われているのです。

 

 

こんなダニの問題を解消させる為に、何かと材料が開発されてダニが出ないものに変わって言うそうです。
また防虫シートも施される等対策は万全を期すようになり、今ではダニが出る所が少なくなってきたと言われています。
とはいうものの最近の家では機密性が高くなった事も受けて、部屋の中が高温多湿になる事もめずらしくなり、またカビやダニが発生し易い環境になってきたそうです。
そうすると畳張替え等の処理も頻繁にする様になってくる。
畳張替えはある程度お値段的にもしますので、出来ればそれだけ頻繁にやりたくないですよね。
ダニ等畳の発生を止める為にも通気性をかわいくする等して対策を施す必要が在るのです。

 

 

 

畳張替えの時期

一旦敷いてしまったらどうにも乗り換える事が弱いのが畳です。
但し畳だって何時ぞやなったり汚くなったりして劣化はしてきます。
ですから定期的に畳張替えをする必要があるのです。
但し、どのくらいの時期を目安からにはいいのか分かりませんよね。
そこでここでは畳張替えのおおよその時期を挙げていきたいと思いますので参考にして下さい。

 

 

【裏返し】
前回の畳張替え(通常は新しい畳を使い始めて)から3〜4年位が裏返しの目安だと言われています。
そうする事でふたたび新品の様な風合いが楽しめて畳自体を長持ちさせる事が出来ます。
よくギリギリまで使ってそれから表替えをする場合が有りますが、これそれでは畳床が駄目になっていたり、色んな部分が駄目になっていたりする可能性が有り逆にお金がかかって仕舞う事にもなり兼ねません。
出来れば速いと思っても定期的に畳張替えをする事をお勧めします。
出来れば一部分も表面が擦り剥けてしまったら裏返しをする事をお勧めします。

 

 

【表替え】
前回の畳張替えから6〜7年程経過すると、表面が擦り剥けてきて、白くなってきたりします。
この場合は畳表を差換える表替えという畳張替えをすると良いでしょう。
表面のござを剥がして真新しいござにするので見た目新品同様になります。
畳表にはなんだかんだ種類が有りますので業者さんに有る見本を見て決めておくと良いでしょう。

 

 

【新畳】
畳を歩いてブヨブヨと瑞々しい感触になったり、凸凹になって歩き回りがたくなったりしてきたら新畳と差しかえる作業が良いでしょう。
畳自体を交換するという事ですので、今まで使ってきた畳を処分する事になります。
畳の費用プラス処分代がかかると認識しておきましょう。

 

 

 

畳張替えの種類

一言で畳張替えと言いましても、いくつか種類があるようです。
畳の状況、どの位傷んでいるか等を見極めてどの畳張替えを選ぶか決める事になります。
通常は裏返し、表替え、新調という順番で行いますが、畳の状況によっては修繕すること無く新調という手段を取らなくてはいけない場合も有ります。

 

 

【表替え】
畳の見た目に張っているい草の部分。
ここを「畳表」と呼んでいます。
その畳表のい草部分のみ入れかえる事を「表替え」と呼んでいるのです。
畳張替えから3〜5年程経過している場合、畳の表面が汚れてきたなと思った場合、畳のカスが陣取ると服に付いて仕舞う様になった場合等のタイミングでするのがオススメです。
ただし、畳床がしっかりしている事が条件になりますのでいくら新しくても表替えが出来ない場合が有ります。

 

 

【裏返し】
畳を裏返しとして使われていない裏側部分を表側にする事を指しています。
やはり縁は新しく達する事になります。
表替えを通じている場合、してから2〜3年位が裏返しをする目安となります。
いくら未使用けれども年数が経っていると日焼けが裏側まで来てしまいますので裏返しを通じても意味が無い場合が有ります。

 

 

【新調】
畳全体を取り替えて仕舞う事を指します。
古い畳を通じていると機能面でも衛生面もかわいくは有りません。
カビや汚れが酷かったり、歩くとブヨブヨした感触だったり、おっきい穴が開いてしまっていたり、7〜8年おんなじ畳を通じていたりする場合にオススメです。