畳はいつまで使えるのでしょうか

畳はいつまで使えるのでしょうか

 

ものには寿命が有ります。
畳もおんなじ事でしょう。
畳に関して言うと、お手入れの仕方次第でその寿命は大きく異なる様です。
通常、畳のお手入れと言うと畳張替え(裏返し・表替え、新畳)が有りますよね。
一般的に裏返しを2〜3年で行ない、表替えを4〜5年で行うと言われています。
また畳張替えの他には畳は湿気や害虫が在ると傷み易くなってしまいますので半年に一回くらいは天日干しをするのが良いと思います。
この祭は大変ですが畳の裏側を4〜5時間位日にあてて、布団干しの要領で叩いて埃を採り入れる様にします。
畳表側は日の光に当ててしまうと日焼けして変色してしまう見込みがあるので、陰干しをする様にします。
そんなふうにする事で畳張替えの際に重要な畳床を40〜50年も授ける事ができるのですが、かなりそれほど寿命が短いのが現状の様です。

 

 

また表替えをするときの畳表選びも寿命を長くするポイントが有ります。
それは部屋の用途に合わせるという事です。
もしも客間の畳張替えをする際には、厚みが有る目の積まれた上ものを選ぶと良いでしょう。
そうする事で、畳表自体が傷みがたいですし、日焼けをする際にも弱まるというのではなくキレイに焼けて行く様になります。
それがまた畳の良い風合いを届けるのです。
この畳張替えを3〜4年おきにする事で、寿命を長くしていく事が出来るのです。
当然畳には寿命が有りますのでその時には入れ替える必要が有りますが、丁寧に使い込む事で風合いも感じられますし、愛着もわいてくると思いますよ。

 

 

 

畳の掃除方法

畳張替えをしたらキレイな畳にする事が出来ます。
定期的に畳張替えをする事で畳に寿命を長くする事が出来ますが、出来れば普段のお掃除から気をつけて行っていく事で寿命も一段と長くする事が出来ますし、キレイな畳を食らう事が可能です。
なので畳の掃除方法をご紹介してみましょう。

 

 

多分通常はクリーナーとして掃除をすると思いますが、この時ガシガシやらずに畳の目に沿わせる様な感じで手厚く見張る様にください。
そうして雑巾がけをする際には水拭きではなくてから拭きをする様にします。
別に汚れがひどい部分は水で薄めた酢として拭くとキレイになりますよ。
後は畳の縁の部分ですが、ブラシに中性洗剤を付けてたたく様にしてふき取るとキレイになりますよ。
湿気が多い部屋や梅雨時なんかはカビに参るものですよね。
仮に畳にカビが生えてしまった場合には、て畳の目に沿わせてブラシを活かし大まかなカビを取り除きます。
そうして消毒用アルコールや防カビ剤を染み込ませた布で拭き取る様にください。
通常の掃除の時では有りませんが、タバコの焼け焦げを作ってしまった場合、大きかったら再び駄目ところが、狭苦しい焦げの場合はそこにセロテープを付ける事で穴が大きくなるのを防いでいただける。

 

 

こんな日々のお手入れが畳の寿命を延ばしますし、畳張替えも長く行う事が出来る様になるのです。
何でもそうですが手荒にまかなうのが一番不経済です。
経済的に使える様に大切にお手入れを通していきましょう。