畳について

畳について

 

日本家屋に欠かせないものとして畳が有ります。
畳はとても際立つ性質を持ち歩いていて、空気を浄化したり保湿したりできるのです。
日本は高温多湿な上に四季がある環境ですよね。
そういった環境に畳はとても適している床材として昔から親しまれてきました。
ですから畳張替え等を通して長く大切に使いたいものだと思います。

 

 

畳は湿度や温度調整を通してくれますし、二酸化窒素の様な有害もの質を吸着してくれます。
別途畳はい草を利用していますので柔らかくて体に優しいのです。
そうして音を吸収してもらえる効果もあり、真に欲しいものなのです。
先程湿度や温度調整を通していただけると書きましたが、畳1枚で500ccもの水分を吸収して得ると言われています。
吸収された水分は単にじゃなく、空気が乾燥した際に放出されて部屋の空気を潤してくれるのです。
除湿機、加湿器の役割を自然とできる。
これが畳です。
また、二酸化窒素は身体に悪い影響を与えるもの質です。
その二酸化窒素を畳が吸着する作用が有りますから空気を浄化できるのです。

 

 

そうして畳に使われている素材はい草になりますが、構造的に言うとスポンジの様な構造を通していますので、以外にも空気をたくさん含んでいるのです。
空気自体の性質で熱が行き渡りがたいので、夏は暑い空気を、冬は刺々しい空気を遮断して頂ける。
ですから夏は涼しく快適に、冬はあったかく快適に過ごせるのです。
あんな畳はやはり日本の特徴も有りますから、フローリングも良いけど、畳の良さも感じてみてほしいものですね。
その為にも畳張替え等を利用して行くと良いですよ。

 

 

 

畳の歴史

日本には当たり前の様にある畳ですが、それほどその歴史は考えた事が無いでしょう。
その歴史とは如何なる事なのでしょうか。
畳の語源は「たたむ」だと言われていました。
昔は畳と言うと今の様な形だけではなく、敷もの全ての事を指していたと言われていました。
ホントに昔から畳は有るのですが、平安時代のころは貴族達による位の象徴として扱われていたようです。
畳縁の色と柄でその位を表していたようですが、一般的には使われていませんでした。
一般家庭が使える様になったのは江戸時代のころからだったらしく、何となく最近だということが分かりますね。
江戸時代中期には、一般庶民の家に畳が敷かれる様になりましたが、今の琉球畳みたいに縁が欠けるものだったらしいです。
畳作成や畳張替え等を通じて得る職人さんが登場したのは江戸時代後期の話し出しで、一般庶民も大きく普及してきた様です。

 

 

これ以降、私達の生活の中に畳と言うのは欠かせないものになって来たようです。
但し人々日本人の生活も大きく変わって来て、フローリングの住宅や畳の上に絨毯を敷く等、住環境の変化も映る様になってきましたが、今また畳が見直されてきている様です。
畳の風合いや肌触り、機能等はフローリングや絨毯では感じられないと思いますし、古くなっても畳張替えを通じて長く使える様にという動きも有る様です。
かねてからある畳は今までもそうですが、これからも新設歴史を作っていくのではないかと思うのです。

 

 

 

畳は美しいのです

最近はフローリングを好む人が多くなってきている様に感じます。
けれども日本の住宅ではまだ畳を使っている和室もたくさんあるのです。
そういう畳を廃れ終わらす様に、長く使えるように畳張替えをする必要も在るのです。
けれどもそのまま古臭いから汚くなったから畳張替えをするというのではなく、畳の美しさもちゃんと理解しておいてほしいというのです。

 

 

部屋の善し悪しと言うのはいくつか有り、広い所で言うと天井、壁、床と言った3つ、細かい所でい言うと、障子や襖、柱、そこから映る部屋の中の景色等、総合的に見て判断する場合が多い様です。
その中けれども案外大きな面積を占めているのが畳です。
つまり座敷そのもののイメージを作りあげていると言っても良いかもしれません。
少し古く思える座敷も畳の張替えをするだけで見違える様な空間が広がっていきます。
障子や襖を変えるだけでも同じ効果が得られるでしょう。
座敷とはこの様に簡単にイメージチェンジが出来るわかりやすさや、ちょっとしたリライアビリティを得られる様にも出来ています。

 

 

また、新品の畳と言うのは実に神聖な感じもして、和の持ち歩いているリラックス感があるのは元より、気力も結構出てくると思うのです。
悪い意味ではなくいい意味でピッと背筋が生える様な感じがしますよね。
そうした効果も有るので畳はとても美しいものだと呼べると思います。
畳の持つ美しさや機能面等を素晴らしく理解してみると、畳張替え等を通じて畳に愛着がわく様になってくると思いますよ。