スポンサーリンク

ロハス企業の成長

 

 

ロハスは人々のライフスタイルというだけでなく、ロハス会社としても注目されています。

 

ロハス企業と呼ばれている会社は、近年、飛躍しているのです。

 

 

「ナチュラルアドバンテージ」という言葉がありますが、みなさんは、ご存知でしょうか。

 

これはおんなじ題名の本があり、それが話題になっています。

 

著者はアラン・ヒークス氏です。

 

何を書いた本かと言いますと、有機農法について書かれた本なのです。

 

彼は有機農場で、自然を尊重しながらの農法を勧めています。

 

今まで化学肥料や農薬に頼っていた農法、そして考え方を有機的農法、有機的な考え方に改善していくことが大切だと書かれています。

 

これが結果として、持続可能な経済として、会社にもなるのです。

 

ノウハウとして、有機農法で成功する原則をほんの中で語っています。

 

私が思うに、自然に従っていれば、自然が私たちの恩恵を与えて得る、こんな考えだと思います。

 

私たちは自分たちが楽をしたいため、また、見栄えが良くなるように、農薬として野菜を育て来ました。

 

確かに、見栄えの良い野菜を好んで貰う人もいるでしょう。

 

ですが、一番大切なことは野菜の味だと思うのですが、みなさんはどうでしょうか?
また、農薬を減らすためにかわいらしく水洗いをしなければいけないと言われていたり、葉ものは外側を捨てたほうが良いと言われていたりしますよね。

 

体に悪いものとして、野菜を育て上げるということは考えてみれば、土にも環境にも地球にも悪いということになるのではないでしょうか

 

ロハス企業、地球、消費者、農家

 

農家の中には、広くこのロハスという存在に気付き、オーガニック農家に転身する人もいます。

 

また、消費者もこうした無農薬野菜を漁る人も増えています。

 

これは、時流に沿った転身だと思うのです。

 

オーガニック野菜の需要が高く変わることは、自分の体のことを考えているだけでなく、自然破壊が進み、人々が環境問題を深刻に考え始めている証拠でしょうね。

 

 

近年、世界中それでも、自然食のマーケット、ビジネスは成功しています。

 

地球環境が悪化すればするほど、人々の注目度ものぼり、ビジネスとして成り立つのです。

 

エコロジーという言葉が、現在では当たり前のように知られていますよね。

 

そのことからも、地球環境を考えたビジネスを通しているロハス企業は、飛躍的に拡大しているのです。

 

 

アメリカでロハス関連の雑誌、「LOHAS・Journal」があります。

 

その記事によりますと、今まではマイナーと思われてきたロハススタイルは、もう主流になっている、とありました。

 

ロハスの市場規模は、2268億ドル、日本円として約30兆円もあるそうです。

 

全世界にすると、5400億ドルにもなるそうです。

 

 

人々の気持ちをリサーチしたデータでは、「環境問題に真剣に取り組んでいる企業の品ものを買いたい」という人が65パーセントもいたそうです。

 

近所でも低いものを欲する時代もあったと思います。

 

ですが、今となっては、消費者も自分の財布のことより、将来の地球のことを考え始めているということでしょうね。

 

こうなれば、ロハス企業が上がるのは当然のことでしょう。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク