スポンサーリンク

ロハスというライフスタイル

 

 

みなさんは、環境汚染や、環境破壊について、どのようにお考えですか。

 

決して、真剣に考えたことのないかたでも、環境破壊が続いていることぐらいはご存知でしょう。

 

このままでは将来の地球は危ない状態になるのではないかと、のほほんと思っている人もいるでしょうね。

 

資源を使い果たしてしまったら、私たちの孫の孫の孫、どれくいらい後になるかわかりませんが、地球に住めなくなるかもしれません。

 

そうかと行って、地球以外に現在住めそうな星もありませんし、やはり、私たちは母なる地球と運命コミュニティーだと思うのです。

 

 

環境問題は、私たちの日々の生活から起こる問題です。

 

商品を買ったり、食べたり、ものを使ったり、なにげなくしていることそれでも環境破壊に繋がっていることもあります。

 

 

私たちは祖先からこの地球に暮らしてきました。

 

そうして、次に芽生える子供たちも、そのまた、子供たちも、始終地球にすみ続けなければなりません。

 

人類が健康でありながら、自然の豊かな恵みを受け続けて暮らしていくには、当方自身が地球を守って行くことが必要なのです。

 

 

環境に配慮したライフスタイルも、ここ数年で興味を持つ人が増えてきたと思います。

 

「ロハス」というスタイルや、「オーガニックライフ」と呼ばれている暮らしぶりは、雑誌でも取り上げられ、マスコミの力も借りて、世間に知れ渡って来ました。

 

とうに、オーガニックライフ、ロハスライフを実践している方もみなさんの中にはいらっしゃるでしょう。

 

ロハスライフ、オーガニック農作物と自然

 

の、オーガニックライフは、ロハスの考えと、心から似ていますし、おんなじ意味でも使われています。

 

オーガニックと言えば、直接の意味は、作ものを育て上げるために農薬や化学肥料を使用断ち切る方法です。

 

この農法を実践している農家も増えているようです。

 

そこそこ、虫も付くでしょうが、農薬がガンガンかかっていて虫も付かない野菜と、多少、虫が食っていても体に安全な野菜と、どちらが私たちの体に良いのか、それは一目瞭然でしょうね。

 

地球にやさしく、そして人体にも容易い、有機栽培が極めて注目されていますよね。

 

この考えが言わばロハスなのです。

 

 

衣食住は、人間の基本だが、召し上がることはとりわけ毎日、何回も繰り返されている行為です。

 

人間も動ものも、生きものはすべて、何かを食べなければ生きて行けませんからね。

 

食べることは永遠に貫くわけです。

 

 

食べものである、農作ものを仕掛ける責任と、農作ものを育て上げるためには、何だか自然の力が必要です。

 

オーガニックは、自然との調和を大切にし、環境を破壊することのないように、自分たちの食べものを育てていくことです。

 

自然と、人間の調和を重んずるロハスの考えと一緒ですね。

 

 

自然は循環しています。

 

農作ものは、みなさんもご存知のように、水、土、そして光によって育ちますよね。

 

これは全部、自然に存在するものです。

 

言い換えてみれば、自然のものだけで農作ものは育つのです。

 

農薬も化学肥料も自然のものではありません。

 

自然と共生しながら、自然にあるものを循環させ、作ものを育て上げるのです。

 

ロハスイフスタイルで自然と環境と循環

 

考えてみれば、土も水も、永遠にあるものではないでしょう。

 

資源としては、限られたものだと思います。

 

中でも、循環ということを考えたときに、水は地球規模という大きなサイクルで循環しています。

 

何度も何度も繰り返し使われているものです。

 

オーガニックにも、ロハスにも、この自然の循環ということがキーワードになります。

 

 

もしも、水が汚染されたらどうしてなるでしょうか?
水を汚すと、循環して帰るときに、汚れた水が返って来ることになりますね。

 

汚染された水を綺麗にしようとすれば、それなりの労力と時間と手間がかかります。

 

このことを考えてみたら、ロハスの心得が極める気がしませんか?

 

私たちの社会は近年、ずっと進化してきました。

 

進化して便利になって、各種ものが出来るためには、大量に燃料を使います。

 

地球の資源をつぎつぎ使っているのです。

 

地球の資源には限りがあります。

 

それに気が付いて暮らしを改めることが、ロハスの考えなのです。

 

 

日本もそうですが、先進工業国は、利益を手に入れて、やけに便利な世の中になりました。

 

メリットがあれば、デメリットもきっちりあります。

 

利益、わかりやすさと引き換えに、環境汚染が問題になっています。

 

環境破壊によって起こる地球温暖化は、グングン各種問題を起こしています。

 

今、人類、一人一人がライフスタイルを付け足し、地球と共存できるような環境にきめ細かい暮らしを始めなければならない時代なのでしょう。

 

ロハスライフスタイルの実践、商品と地球

 

それほどしないと、却って環境破壊は落ち込みするばかりです。

 

そうかと言って、ロハスは昔の不便な暮らしに戻れと言っているわけではないのです。

 

貧乏な暮らしを済ませろと言っているわけでもありません。

 

電気を使うなとか、電化製品を使うなとか、ろうそくの明かりで暮らせと言っているわけではないのです。

 

 

ただ、自分の暮らしの中で、出来るだけエコロジーな暮らしをして出向くこと、それがロハスなのです。

 

たとえば、オーガニックの野菜を購入するようにするとか、些細なことけれども良いのです。

 

自分なりのロハスを実践して、地球にきめ細かいライフスタイルを目指して下さい。

 

 

たとえば、購入する商品を選ぶ場合、価格よりも性能を重視するとか、環境に手厚い商品を選ぶとか、そういうことですね。

 

農作ものは有機野菜を選ぶ、食品添加ものの少ないものを選ぶ、また、洗剤も海を汚さないものを選ぶ、などです。

 

そしたら、家の電力をソーラー発電にしたり、地域で風力発電をしたり、自然にあるものによるエネルギー供給もそうですね。

 

また、ロハスは体についても考え方があります。

 

それは、病気にならない体を仕掛けるという、予防医学です。

 

薬に頼らないライフスタイルを目指します。

 

食育、運動、これらを日々、気にかけて、病気にならないように、薬を使わなくていいように暮らしを改善します。

 

 

また、自己啓発もロハスの大切な一つです。

 

習い事をすることや、友達とうれしい時間をやり過ごすなど、人が魅力、満足を持てるようなライフスタイルを目さすのもロハスです。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク