ロハスについて

スポンサーリンク

ロハスについて

 

 

みなさん、ロハスという言葉、聞いたことがありますでしょうか?
ロハス?
外人の名前?
外国のブランドの名前?
新しいお菓子?
など、延々と想像されると思います。

 

私も最初、ロハスという言葉を知ったときは、有名なサッカー選手かと思いました。

 

 

さて、ロハスはある言葉の略語です。

 

そうして、ロハスは、これからの時代にいとも大切なものになってくるかもしれません。

 

 

ロハスとは、英語で「LOHAS」と書きます。

 

ローハスと呼ばれることもあるそうです。

 

これは、何の略かと言いますと、Lは「Lifestyles」そうして、Hは「Health」、そうしたら、Sは「Sustainability」です。

 

これらの頭文字をとった略語なのです。

 

日本語に訳してみますと、健康、環境、持続、という意味になります。

 

わかりやすく言うと、環境に暖かい健康的な暮らし、とでも言いましょうか。

 

現代の社会生活では、このロハスを心がけて生活することが、目新しい生涯なのです。

 

 

ロハスは、1990年代後半に生まれました。

 

ロハスは、アメリカの中西部にある、コロラド州のボールダーという地域で生まれました。

 

最初は、真新しい業務コンセプトだったそうです。

 

 

ボールダーという地域の人々が環境問題、また、農薬汚染などの問題を重く受け止めたことが、ロハスの発祥だと言われています。

 

現代の暮らしを積み重ねることで、環境が破壊され積み重ねるという危機意識を持つこと、そして、ライフスタイルを変えて行くことがコンセプトです。

 

ロハス、マスコミや雑誌の記事

 

ロハスは、本人を業務として、ロハス事業を始める人が現れました。

 

これは企業だけのことではなく、国の政策にも激しく関係しています。

 

みなさん、ご存知のように、政策も地球環境破壊に繋がっています。

 

環境破壊に危機感を有する、企業家などが入り込み、業務コンセプトとして誕生したものがロハスなのです。

 

 

このように発生したロハスですが、日本では、2004年ごろから話題に上がっています。

 

たびたび、マスコミで搾り取りられるようになりました。

 

ですから、雑誌などでロハスの記事を読んだ事のある方も来るかもしれませんね。

 

マスコミの取り分け雑誌の「ソトコト」で取り上げられた際に、本当に注目されたと言います。

 

また、他の女性ファション雑誌にも掲載されることがあります。

 

現在のファッション雑誌は、ファッションのことだけでなく、女性のライフスタイルそのものにもクローズアップした記事が掲載されることもありますよね。

 

また、環境のことや自然のことなど、ファッションだけなく、地球規模の問題なども、私たちの生活に直接関係ある問題などが掲載されていることがあります。

 

 

ロハスという言葉を聞いたことがないという人も多いでしょう。

 

ですが、あるデータでは、日本では4割の人がロハスを知っているということでした。

 

たいてい半数という人が認識している、このロハス。

 

知らない人も、他人事ではなく、自分の住んでいる地球環境に関することそれで、知っておくべきでしょうね。

 

ロハスでビジネス、オーガニック農業発刊

 

また、「NPOローハスクラブ」という団体があります。

 

これは2005年10月より、ロハスアカデミーというものを開講しています。

 

これによって、本格的にロハス学を大きく普及させることになりました。

 

今では普段の生活に、そしてビジネスとしても、ロハス学を役立てる人が増えています。

 

 

社会学者である、ポール・レイ氏、そして、シェリー・アンダーソン氏、彼らは「カルチュアル・クリエイティブ」と呼ばれていいます。

 

これは、エコや地球環境、また、社会主義や平和、自己実現、自己表現に関心が奥深い人達のことを言います。

 

彼らは、ロハスの良心を有する人が、アメリカで5000万人、存在すると発表しました。

 

全人口の26パーセントにもなります。

 

また、消費市場が30兆円になることも発表しています。

 

 

そうして、この発表によって、ロハスジャーナルというものが発刊されました。

 

フランク・ランピ氏、そして、スティーブ・ホフマン氏が、これを発刊するとともに、ロハスマーケティングを作って行ったのです。

 

 

ロハスマーケティングと言うと辛く聞こえますが、オーガニック市場などがそうです。

 

日本もオーガニックにこだわるレストランなども増えてきましたよね。

 

また、個人的にオーガニックの農産ものを貪る人も増えてきました。

 

健康志向の人が増えたり、環境問題を真剣に考えたりする人が増えてきたからでしょうね。

 

 

アメリカのロハスは、現在のオーガニック農業を発展させました。

 

オーガニック市場はこの10年で、毎年20パーセントも、伸びていると言います。

 

ロハス・アメリカの生産者と消費者で有機栽培

 

オーガニックで、いかほどいい農産ものを作っていても、流通できなければ意味がありませんよね。

 

さすが、売り上げをアップさせるのは、流通です。

 

この流通を「WholeFoodsMarket」や、「WildOats」が担っています。

 

オーガニックの生産者を育成しながら、市場に貢献してきたので、今日のオーガニック市場があるわけです。

 

 

そしたら、「Gaiam」という会社があります。

 

ここは、小さいロハス生産者を、支えるべく、いくつかの合併を繰り返しました。

 

この、「Gaiam」は、生産者、流通、消費者を一体として、ロハスマーケットを育てた企業なのです。

 

つまらないロハスをすごく育て上げる、あんな役割をした企業もあるということですね。

 

 

さて、日本でのロハスはどうなのでしょうか?
残念ながらアメリカのように、ロハスはオーガニック農業とはそれほど激しく関係していないようです。

 

ロハス、そのものが、日本人のなかにちょい浸透していないということもあります。

 

なぜなら、ロハスがそのライフスタイルと言うよりも、ファション的感じ、商品的感じで、ロハスをとらえている人が多いからでしょうね。

 

 

当然、オーガニックと呼ばれている、有機栽培を通じている農家さんは、ロハスの心得からそれを始めている人もいます。

 

ロハスと有機栽培はおんなじ考えと言っても良いですが、それが会社として成功するのは、これからでしょうね。

 

みなさんもご存知のように、オーガニックライフと呼ばれるライフスタイルもありますよね。

 

これは日本も、ロハスと同じようなライフスタイルと考えられています。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク