食と野菜ソムリエの日

スポンサーリンク

食と野菜ソムリエの日

 

8月31日は「やさいの日」として、野菜に関して様々なイベントが行われます。

 

レストランなどでも「野菜の日Week」として様々な特典やスペシャルメニューを提供しているところがあります。

 

野菜ソムリエによるイベントも数多く開催されています。

 

 

そうして4月9日は「食と野菜ソムリエの日」なのです。

 

みなさんご存知でしょうか。

 

毎年この日にはイベントがあるようです。

 

 

食と野菜ソムリエの日というのは、食卓に野菜や果ものがあるという豊かな食生活をみなさんに提起する日なのです。

 

当方日本人は毎年野菜を食べることが減ってきて、野菜の消費量も激しく減少しています。

 

そのために日課病が増えているとも言われています。

 

日本野菜ソムリエ協会としても、ついに野菜をおいしく食べてもらおうと野菜ソムリエを通して野菜や果ものの魅力、美味い食べ方、楽しみ方などを伝えています。

 

多少なりとも野菜や果ものが普及するように努めています。

 

そうしてみなさんが普段の食生活を見直して、食卓を彩りのあるものにし、健康的な食生活を寛げるように年に一度見直す機会を作って下さいとこの日が制定されました。

 

当日はイベントが全国規模で行われています。

 

野菜や果ものを無料で配ったり、ベジフルライフを提供するためのイベントを開催したりしています。

 

興味をもたれた人は今年の4月9日必ずイベントに参加してください。

 

あなたの野菜や果ものに対する見方、考え方などが覆り、明日からスーパーで食材を見分ける目が覆り、食生活が豊かになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
   



 

ソムリエ・野菜、資格、、マイスター、水ソムリエ

 

スローフードの考え方が広まってきた近年、野菜や果ものを積極的に食べていこうとの声が高まってきました。

 

この流れによって野菜ソムリエも世間に注目されるようになりました。

 

 

野菜ソムリエの資格は日本では2001年に制定されたマイスター制度ですが、ドイツでは戦前から産業発展に寄与した資格制度でした。

 

ソムリエと呼ばれるものには様々なものがあります。

 

有名なところまずは、「ワインソムリエ」です。

 

利き酒ならぬ利きワインとしてワインの味や質を呑み見比べ、保存方法やうまい呑み方などワインについてなら如何なることそれでも知っているスペシャリストです。

 

 

他にも「ソバリエ」「焼酎ソムリエ」「茶ソムリエ」、色んな水を味見して言い当てることができる「水ソムリエ」。

 

お米の数多い品種についての知識はもちろん、保存方法や旨いお米の炊き方などを紹介する「お米マイスター」などもあります。

 

食べもの以外にも「温泉ソムリエ」や「観光ソムリエ」などもあります。

 

 

「ソムリエ」とか「マイスター」というのは、その道を極めたスペシャリストのことを言います。

 

そうしてそれぞれの材料のおいしさや魅力を他人に当たることができるひとたちのことです。

 

野菜ソムリエも野菜の魅力とおいしさを皆に伝えて行くスペシャリストです。

 

また家庭でも保存方法を差し替えるだけで野菜や果もののもちがあまり違います。

 

これらを分かることも家庭で美味しい野菜を召し上がるポイントです。

 

根があるものは根を押し付けたまま持ち帰って保存する。

 

水の中に根をつけて保存しておくと葉がいきいきとします。

 

このように数多くのソムリエ資格があり、私たちの生活と密着しているのです。

 

 

野菜ソムリエの最近の動向

 

旬の野菜やその食べ方についてわかり易い知識を持ち歩いている野菜ソムリエを配置するレストランが増えています。

 

食の安全を求める人、産地をハマる人、物珍しい野菜が増えてきたことへの興味などから野菜ソムリエへの興味と要望が高まっています。

 

 

各メディアも野菜ソムリエのいるレストランを紹介するようになりました。

 

東京渋谷区の「笑龍」は「免疫食財の食同源炒」という人気メニューを提供しています。

 

見た目にも実にカラフルで美しい料理です。

 

赤や黄色、オレンジのカラフルなパプリカに、紫色のニンジンや黄色のカリフラワーなど20種類以上もの食材を入れた野菜炒めです。

 

見た目にも美しく、味もおいしくて、体に宜しい野菜が豊富なメニューです。

 

お店の統括マネージャーが野菜ソムリエの資格を持ち歩いています。

 

中国野菜による物珍しいメニューもあります。

 

お店では常に80種類以上もの野菜を仕入れていて、数多くの品種を取り扱っています。

 

野菜の本来の味を喜べるメニューが多く、野菜に興味を持つことが出来ると思います。

 

 

東京品川区の「やさい家めい」では、紫キャベツやアスパラガス、黄色ズッキーニなど10種類もの厳選された生野菜がもられたサラダが人気です。

 

野菜はすべてみずみずしくて、毎朝契約農家から届いています。

 

店長が野菜ソムリエの資格を持ち歩いていて、スタッフ自ら農家にいって収穫を手伝うこともあるそうです。

 

野菜がガンガンはいったカレーライスも人気メニューです。

 

野菜の魅力をあなたに伝えていきたいと店長は語っています。

 

このように野菜ソムリエの資格を取得してそれをお店に活かして、あなたにも伝えていこうとする人が多く、メディアも数多く取り上げられています。

 

 

ローソン

 

メディアも注目を集めている野菜ソムリエですが、ここ数年コンビニのローソンにおいてもその活躍が注目を集めています。

 

近年様々な営業形態のコンビニを展開しているローソンが、「ナチュラルローソン」をオープンさせたのです。

 

ナチュラルローソンでは野菜ソムリエが売り場に常駐しています。

 

コンビニに野菜ソムリエがいるとは誠に驚きの新しい展開です。

 

 

コンビニとは乗客が買いたいものを買いたいときに気軽に買いに行ける便利な場所という感じがあり、店員と乗客の間に対話があることはほとんどありませんでした。

 

それが店員である野菜ソムリエが乗客と向き合って青果に関して商品説明のサービスをするのです。

 

ローソンが野菜ソムリエの運営しているお店である「エフ・アグリシステムズ」に依頼して、午前10時から午後4時まで野菜ソムリエを常駐させることにしたのです。

 

野菜ソムリエは店内商品の鮮度チェックを行ったり、乗客にいまオススメの野菜や果ものを紹介したり、その調理方法や保存方法などについても提案していきます。

 

店内にはお惣菜も充実していて、有機野菜によるサラダや漬もの、スープやドリア、シチューなどもあります。

 

カップの味噌汁まで有機野菜を使用したものが売られています。

 

カロリー表示もされているので健康を気にする人にはいともわかりやすくて良いサービスです。

 

健康志向の高まっている現在、乗客の要望に広くこたえることが出来るお店となっています。

 

 

ナチュラルローソンは現在東京と神奈川、千葉に続々と新店舗をオープンさせています。

 

このようにして野菜ソムリエの活躍の場が増えています。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク