野菜ソムリエの講座内容

スポンサーリンク

野菜ソムリエの講座内容

 

現に野菜ソムリエの講座を受講するとどのようなことをするのでしょうか。

 

それではジュニア野菜ソムリエが受ける、「ベジフルコミュニケーション」について説明します。

 

野菜ソムリエとして仕事するようになると、店頭販売をしたり、生産者と交わったり、青果業者として販売したり、大勢と巡ることになります。

 

そのためでは人とのコミュニケーション力を身につけるために、接客訓練を受けます。

 

立ち方や顔の表情、相手の話を訊くときの態度や姿勢など現にワークショップを通して野菜ソムリエとしての立ち振る舞いを学びます。

 

 

そうして一段と野菜や果ものについて自分が持ち歩いている知識を最大限に活かしてその魅力を他人にどのように伝えていくのかというコミュニケーション力も学びます。

 

自分だけが野菜や果ものについて理解していればいいわけではありません。

 

仕事となると、相手に周囲にその思いを話しなければ、野菜や果ものの魅力をアピールすることも活かして行くこともできないのです。

 

記事などを書く仕事についたときにも、食べもののおいしさを訴えるその魅力を伝えるためには、コミュニケーション力つまり表現力はなくてはならないものなのです。

 

 

次に「ベジフル入門」では、野菜や果ものに関しての基礎的な知識を身につけます。

 

最終的にはベジフルカルテを作成できるまでにのぼることが必要です。

 

とても理論編では、普段人が野菜や果ものを見てきた見方とまったく違う観点で見ていきます。

 

そもそも野菜と果ものの区別をどのように行ったのか、現代の食文明はどうなっているのか、ロジカルにみてどうなのかなど多くのテーマにそって話が進みます。

 

野菜や果ものの品質の比べ方などについても多岐のチェック項目があります。

 

青果ものに表示されている内容の見方については、実生活においても大変役立つ内容となっています。

 

今流行りの有機農産ものについても規則正しい知識を学びます。

 

 

スポンサーリンク
   



 

野菜ソムリエのベジフルサイエンス、食生活、健康

 

続いてはジュニア野菜ソムリエで受講する「ベジフル入門」の「果ものと野菜編」についての紹介です。

 

この講座では代表的な果ものや野菜を20種類以上選んで、それぞれの果ものや野菜についての解説を聴きます。

 

またおんなじ果ものや野菜も品種が違えばその味も違うものです。

 

なので1種類の野菜や果ものに対して3品種違うものを食べ見比べして、姿形の見た目の違い、味の違い、糖度の違いなどを細く分析していきます。

 

1テーブルに数人集まってグループでワイワイと打ち合せながら進めて行く作業はとても楽しいです。

 

 

次は「ベジフルサイエンス」の講座内容についてです。

 

私たちの健康維持のためにはどうして出向くことがいいのか、それを考えて実践する内容の講座でした。

 

サイエンスとは科学です。

 

ロジカルな目から見て、野菜や果ものをどのように使って私たちの健康に役立てるのかを考えるのです。

 

そのためにはやつに多い病気の生活習慣病と食生活との関係や、栄養と健康についての関係などについて細かく分かることが大切です。

 

また野菜や果ものによってこれらの病気をどのように予防して出向くことができるのかもわかることができます。

 

4時間程度の講座ですが、内容はぎゅっとで感じ取ることがたくさんある講座です。

 

そのほか、雑誌やテレビ、インターネットなどどこからでも情報を得ることができる情報社会においていかにしてふさわしい情報を得るかその眺めるすべについても学びます。

 

間異なる情報に惑わされること無く生活を送っていくことは結構大切なことです。

 

野菜ソムリエとして他人に自分の得た知識と経験を伝えて行くためにもでは自分の生活を見直して、健康的な食生活を送っていくこことも大切なことです。

 

 

野菜の調理、ベジフルカルテ、ベジフルクッカリー

 

菜と果ものの調理方法について具体的に学ぶ「ベジフルクッカリー」もジュニア野菜ソムリエ講座のひとつです。

 

調理方法を学ぶと言っても現に調理している時間はないので、ビデオ学習と補足説明によって学習していきます。

 

意外と調理の基礎の基礎である野菜や果ものの切り方についてです。

 

昔小学校の調理実習でやった記憶がありますが、野菜などには様々なカット方法があります。

 

小口切り、みじん切り、イチョウ切り、輪切り、ささがきなどたくさんの方法があります。

 

これらの切り方を大半ビデオで見て、そのあと先生から補足説明があります。

 

3日間このビデオ講習の時間があります。

 

野菜や果ものにはそれぞれの調理方法や定める料理によって適するカット方法があります。

 

料理を仕立てる時折絶えずそれを考えながら材料の下ごしらえを通して行くことが基本となります。

 

これは野菜ソムリエとして欲しい最低限の知識とも言えます。

 

 

次に調理方法についても説明があります。

 

材料を蒸すとどうなるのか、焼かないで蒸す意味はどこにあるのかなど調理方法のそれぞれの変化や適する方法を学びます。

 

これらを理解することで、ベジフルカルテの作成ができるようになっていくのです。

 

 

ベジフルカルテは野菜や果ものに真正面から向き合って記録をつけて行くものです。

 

ベジフルカルテに記載する内容としては、その野菜の品種について生産者など第三者から情報を入手してそれを記載します。

 

対象とされた野菜や果ものについて、生まれや価格、販売形態、育て方、栄養面、機能性などについてWebやテキストなどから情報収集して記録していきます。

 

そうしてその対象とされた野菜や果ものについて自分が感じた外観の印象や味の感想、対象ものによるレシピなども考えて記載しカルテを仕上げていきます。

 

試験のときにはこのベジフルカルテを8種類提出することになります。

 

 

野菜ソムリエの長谷川理恵

 

世間に野菜ソムリエの知名度を高めた人ものといったらこの人、モデルの「長谷川理恵さん」だと思います。

 

マラソンスキとしても有名でホノルルマラソンにも例年参加しています。

 

東京国際マラソンへの出場も目指し示すほどのランナーです。

 

そのマラソンを通して、野菜の重要性をよく知っている長谷川さん。

 

あるイベントに参加したときに、野菜ソムリエの学校に通っている人にぶつかり、野菜ソムリエの学校があることを分かります。

 

なので野菜に関して専門的な知識を身につけたいと資格取得を考えたそうです。

 

 

仕事をしながら野菜ソムリエのカリキュラムを受講しました。

 

野菜スキな長谷川さんなので、毎回2時間の授業があっという間に終わってしまったそうです。

 

野菜について旬の野菜を食べることがどれだけ体によろしいことなのか、野菜は生きているということを又もやもらいさせられたそうです。

 

野菜が大スキな人には至極たのしい授業内容だそうです。

 

 

長谷川さんは野菜ソムリエとしての知識と、自らの経験によって、野菜があれば簡単に焼き上げる料理のレシピを多数掲載したレシピ集「野菜美人」という本も出版しています。

 

毎日の食卓を野菜たちが色どり、野菜のおいしさを実感してもらえるようなレシピが並んでいるそうです。

 

 

野菜ソムリエの学校では、野菜に関しての知識を身につけるだけではなく栄養学について、野菜の効果的処方についてなどを勉強してその後試験を通して合格すれば野菜ソムリエになることができます。

 

ワインソムリエが利き酒を通してワインを呑み調べるように、野菜ソムリエも利き野菜を通して野菜を食べ見比べして新鮮でうまいものを見分けることが出来るのです。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク