スポンサーリンク

野菜ソムリエの仕事

 

では野菜ソムリエの資格を以ていたら実際にはいかなる仕事に就けるのかみていきましょう。

 

野菜ソムリエは様々なパワーを込めた、カワイイ資格だと思います。

 

この野菜ソムリエの資格をいかにして効果的に活用するかを考えます。

 

 

では「青果販売業者」です。

 

野菜や果ものの知識が豊富なのですから、ここに勤めないわけにはいかない、八百屋さんやスーパーの青果売場などで知識をフルに活かしてはたらくことができます。

 

「生産農家」も野菜ソムリエの知識があれば、野菜や果ものを決める上で役立ちます。

 

次は「フードコーディネーター」です。

 

野菜や果ものに関しての知識を活かしてアイディアを発案したり、うまい野菜や果ものを選んだり、配したり、イベントを企画したりして動くことができます。

 

「ライター」関係の仕事もあります。

 

食をテーマにした雑誌は数多くあります。

 

ライターとして野菜ソムリエの知識を駆使しながら、ネタを集めて記事を書くお仕事があります。

 

「食育指導」関係の仕事もあります。

 

学校などで、子供たちに野菜や果ものについて興味がもてるように話をしてコミュニケーションを策するお仕事です。

 

「レストランやカフェ」ではたらくときにも野菜ソムリエの知識があれば、目新しいレシピをアイディアとして取り出すことができますし、皆さんに野菜や果ものに関して興味をもてるためになる話を伝えて行くことができます。

 

料理に興味がある人は「料理研究家」というお仕事もあります。

 

料理を創る上では絶対に野菜ソムリエの知識は無駄になりません。

 

 

スポンサーリンク
   



 

野菜ソムリエの仕事・資格を活かす。知識を活かす。

 

野菜ソムリエの資格によってできる仕事は依然あります。

 

次は「クッキングインストラクター」です。

 

野菜や果ものの特徴、種類、季節ごとの型などを理解した上で、その季節ごとに当てはまる旬の料理や調理方法を紹介することができる仕事です。

 

 

同じように料理を研究して、野菜や果ものによる料理のレシピ本などを出版する仕事もあります。

 

料理本はいま数多く出版されています。

 

またウェブにおいてもレシピ集は人気のあるサイトになっています。

 

記事を掲載する仕事もたくさんあると思います。

 

 

再び料理を甚だ上を目示すならば「調理師」の仕事があります。

 

調理師にとって野菜ソムリエの仕事はとても役に立ちます。

 

どうしても取得しておきたい資格のひとつです。

 

 

料理だけではなく、今は野菜によるケーキなどもヘルシーということでブームになっています。

 

野菜や果ものによるお菓子作りをする「パティシェ」の仕事にも野菜ソムリエの知識を使いこなすことができます。

 

 

栄養士や栄養指導員なども、食材の栄養価について説明し、体にいい野菜や果もの、料理の話をする際に野菜ソムリエの知識を使いこなすことができます。

 

きちんとした知識を有する人が指導を行えば、生産者側とも絆を築くことができて、消費者側にも信頼される栄養士となることができます。

 

このようにして、野菜ソムリエの資格は多種多方面の仕事において使いこなすことができます。

 

今まで例に挙げた職業に就きたいとしているひとは、できるだけ野菜ソムリエの資格取得にチャレンジしてみてください。

 

 

ビジネスシーン

 

具体的に野菜ソムリエの資格を活かせる会社シーンを紹介します。

 

たとえば食品製造会社やレストランなどで商品企画を考える際、正に野菜や果ものを生産している生産者側と消費者側をつなぐ商品企画を提案することができます。

 

なぜならば野菜ソムリエは生産者のことも消費者の食生活についても理解しているからです。

 

商品企画をするときには、まるでどんな商品が消費者に今人気があるのか、数日間街を歩いて調査します。

 

このとき今から商品企画する商品はどんな世代に対してどのように見える商品を開発したいのかきちんとしたコンセプトが必要です。

 

正に生産者が作った野菜を生産農家に訪れて目で見て話を聞いて食して、それを店頭のポップなどに活かして表現します。

 

野菜ソムリエとして数々の野菜にめぐりあい、多くの旨い野菜や果ものを食べてきた経験が活かせる仕事です。

 

 

他の例として、新しい商品を開発するとなったとき、それでは食材集めから始まります。

 

おいしくて安くて、安心出来る商品を求めて国内外を飛び回ることになります。

 

何よりも大事な原料である野菜の味や品質をチェックして、調理後は味付けのチェックもします。

 

限られた期間で、いかにして好ましい商品を作りだすかがポイントです。

 

今まで他社では発売されていなかったような、差別化した商品を考えなければなりません。

 

一般の人では考えつかないような、野菜ソムリエならではの商品開発が出来るはずです。

 

 

野菜ソムリエの資格が活かせる栄養士の仕事もいま活躍の場が広がっています。

 

医療機関や福祉施設における調理指導や献立作成などの他にも、クラブにおける食事指導や外食産業における新メニュー開発。

 

雑誌やWeb上における情報発信など様々です。

 

ライフスタイルが多様化したことで、食べてはいけないという食事指導から、このようにして食べると良いとかこのようにして調理するといい、この食材と合わせて食べると良いなどのサポート型指導を行うようになってきました。

 

野菜ソムリエの知識が存分に活かせる仕事だと思います。

 

 

野菜ソムリエのコーディネイター、メニューや仕事

 

野菜ソムリエとしてその力を発揮できるビジネスシーンとしては、メニュー開発もカワイイ仕事です。

 

雑誌やWeb上レシピ集、テレビなどのメディアに提供するメニュー、広告宣伝用のメニュー、レストランなど食堂向けのメニュー、イベント向けのメニュー。

 

このようにメニューにも様々なシチュエーションが存在しています。

 

 

野菜ソムリエだからこそ提供できるメニューを企画ごとに考えていきます。

 

たとえば企画として、「健康的に痩せられるメニュー」とか「簡単にできるお弁当献立」「こどもが喜ぶお弁当」「野菜が美味く食べられるおかず」「おいしい野菜のお菓子」などがあったとします。

 

この企画テーマにあったメニューをいくつか提案して行くのが仕事です。

 

メニュー開発をしていく上では、野菜などの食材に関する知識や調理の知識、栄養面での知識は大きな武器となります。

 

 

他にもレストランなどの食堂でレストランコーディネーターとしてはたらくことができます。

 

お店は絶えずどうしたらユーザーが入ってくれるのか、どうしたら成功できるのかを考えています。

 

如何なるお店にしたいのかそのコンセプトを通して、予算内でお店をマネージメントしていきます。

 

今の外食産業にユーザーが求めているものをちゃんと理解して反映させて行く必要があります。

 

レストランコーディネーターの場合、メニュー開発だけではなく、お店自体の設計、厨房の設計、食器などの選定、店内インテリアのコーディネイトも行います。

 

今流行りのメニューが如何なるものなのか、健康志向メニュー、お子様メニュー、家族連れメニュー、有機野菜によるメニュー、国内産材料によるメニューなどメインとなるメニューも大切なものです。

 

野菜ソムリエの知識においてフードコーディネーターとしての力量も発揮することができるでしょう。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク