シニア野菜ソムリエ

スポンサーリンク

シニア野菜ソムリエ

 

社会で野菜ソムリエとして実践で活躍出来る能力を身につけるにはシニア野菜ソムリエの資格を取る必要があります。

 

野菜と果ものに関しての分野と思考力を訓練する分野で構成されます。

 

シニア野菜ソムリエの資格をとるにあたり、思考力の訓練を受けるのは、社会にでて実際にビジネスで成功するためのものです。

 

野菜や果ものがおかれている現状、社会全体を理解して将来の方向性を決めるのです。

 

 

シニア野菜ソムリエでは野菜や果ものに関しての大きい分野における知識を身につけ、ビジネススキルも身につけること必要です。

 

農業や健康、店舗や料理など食に関しての分野についても学びます。

 

シニア野菜ソムリエとして社会にでてテクニカルに活躍出来るゼネラリストになります。

 

 

シニア野菜ソムリエになるには、予め野菜ソムリエの資格を携帯していることが条件となります。

 

協会がおこなっているカリキュラムの受講料は357,000円です。

 

1回2時間のカリキュラムを18回受講する必要があります。

 

その後筆記試験と論文審査を通して、合格すると面接試験があり、それにも合格するとはれてシニア野菜ソムリエとなれるのです。

 

 

社会にでて資格として役立つには、野菜ソムリエ、シニア野菜ソムリエの資格が必要です。

 

ジュニア野菜ソムリエは飽くまでも自分と近しい人を楽しませるための資格です。

 

野菜ソムリエとして仕事がしたい人は、野菜ソムリエ以上を目指して下さい。

 

シニア野菜ソムリエは全体の数パーセントしかいない狭き門です。

 

資格を取得するには、心して勉強する必要があります。

 

 

スポンサーリンク
   



 

資格の有効期限

 

先ほど紹介しましたように、野菜ソムリエにはランクがあります。

 

野菜ソムリエの初級を「ジュニア野菜ソムリエ」と言います。

 

現在10000人以上もの人がこの資格を取得しています。

 

自分の日常生活において、野菜ソムリエの知識を活かしているあなたです。

 

ジュニア野菜ソムリエの資格については、永久的に払える資格となっています。

 

そのため更新手続きの必要がありません。

 

 

次に野菜ソムリエの中級を「野菜ソムリエ」と言います。

 

現在250人程度の人がこの資格を取得しています。

 

ジュニア野菜ソムリエについてぐっと少なくなります。

 

自分以外の人に対して、野菜や果ものに関しての様々な知識を伝わるあなたです。

 

野菜ソムリエの資格については、2年に一旦更新手続きが必要です。

 

その際事務手数料は3,150円必要となります。

 

日本野菜ソムリエ協会が主催しているワークショップなどのクラブ活動にも参加する必要があります。

 

あるいはベジフルカルテを作成して提出することになります。

 

これらの活動で2年の間に24ポイント取得しなければなりません。

 

 

野菜ソムリエの上級を「シニア野菜ソムリエ」と言います。

 

ほんの数人、10人以下しかいない資格保持者です。

 

野菜や果ものに関して大きい知識を保ち、社会に貢献できるあなたです。

 

こちらのシニア野菜ソムリエの資格も2年にまず更新手続きが必要です。

 

その際事務手数料は3,150円必要となります。

 

シニア野菜ソムリエになると、野菜ソムリエのように更新に際しての要件はありませんが、レポート提出などが必要となります。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク