スポンサーリンク

ジュニア野菜ソムリエ

 

ジュニア野菜ソムリエは、自らが野菜や果ものに親しみ楽しむための資格です。

 

家族や自分の周りの人に美味い野菜、果もの、料理を提供したいと考える人に最適な資格です。

 

数多くの野菜や果ものについて基礎知識を身につけて野菜や果ものの魅力を知ることができます。

 

そうして身に付けた知識を他の人に広めることやレシピ提案をすることもできます。

 

日常生活において野菜や果ものの楽しさをわかり役立てることが出来る資格です。

 

 

野菜ソムリエには、知識のほかにも他人に知らせるコミュニケーションの力も必要です。

 

このコミュニケーションは対人だけではなく、青果とのコミュニケーションも指しています。

 

普段から青果とふれあい憶えることを、言葉として表現していきます。

 

ジュニア野菜ソムリエではこれをベジフルコミュニケーションの中で学びます。

 

 

また基礎知識として野菜編、果もの編、理論編を学びます。

 

野菜や果ものの味、鮮度、品種、栽培方法について覚え、理論編では生産から流通までの流れを学びます。

 

それぞれの野菜や果ものについてのカルテも作成し、見極め力をつけます。

 

 

野菜による様々な料理のレシピを増やしていくためにスキルを磨きます。

 

野菜を使って組み立てる料理の楽しさも学びます。

 

そうして種類の違う野菜や作型の違う野菜によって合う料理を作り上げるコーディネーション力も身につけていきます。

 

 

協会ではジュニア野菜ソムリエの資格を取り去るために、1回2時間のカリキュラムを7回受講して、終了ら筆記試験に合格することを条件としています。

 

受講料は入会金も合わせて133,350円です。

 

講義は7回中4回以上出席しなければ、修了試験を受けることができませんからご注意ください。

 

 

スポンサーリンク
   



 

野菜ソムリエの受講料、資格、試験、カリキュラム

 

野菜ソムリエではジュニア野菜ソムリエで身に付けた一通りの基礎知識や考え方を基本として、ますます野菜や果ものを生産して流通させて、マーケティングすること、鮮度維持すること、各種品目について学びます。

 

農業や青果業界の歴史についても触れていきます。

 

青果ものを取り巻く環境について解ることで、ますます深く野菜や果ものについて分かり興味を持つことが出来るのです。

 

野菜ソムリエは、自分だけではなく野菜や果ものの楽しさを世間一般に広めて行く役割があります。

 

 

野菜ソムリエの資格を得るには、1日2時間で12回のカリキュラムを受ける必要があります。

 

12回のうち9回以上出席しなければ、試験を受けることはできません。

 

野菜や果ものを生産するときの、土作りから生産に取り扱う農薬や肥料までJASなどの標準基準について学びます。

 

生産現場を分かることによって農業に関しての障害を理解します。

 

 

数多くある野菜や果ものの品目についても学びます。

 

原産地の違い、種類、品種、伝来方法などそれぞれの特徴をわかり、素晴らしいもの悪いものの見極め方を学びます。

 

また野菜や果ものを鮮度維持しながら輸送する技術も学びます。

 

 

野菜や果ものなど食についての歴史を振り返ります。

 

現世の中が抱えている食の問題について分かることができます。

 

 

青果業界を発展させるために、マーケティングについても学びます。

 

そのために必要な野菜や果ものの知識を覚え、伝達方法も一緒に学びます。

 

一層商品戦略、商品を品ぞろえするための戦略、売り場で見栄えよく見せるビジュアル提案する方法なども学びます。

 

野菜を賢く表現するためにカラーコーディネイト、イメージコーディネイトについても学びます。

 

近年の日本人に急増しているお決まり病と青果ものとの関係をわかり、どういう栄養情報を摂取するべきなのかも学んでいきます。

 

 

野菜ソムリエの資格を取り去るには、ジュニア野菜ソムリエの資格が必要です。

 

規定のカリキュラムを受講後に筆記試験と口答試験、面接にあたって合格した人が野菜ソムリエになれます。

 

受講料は、155,400円です。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク