スポンサーリンク

野菜ソムリエとは

 

近年、有名芸能人が取得したことやメディアで取り上げられることで有名になった資格に「野菜ソムリエ」というものがあります。

 

野菜はワインソムリエがワイン通であるように、野菜ソムリエは野菜通で野菜のことを何でも知っていて、旨い野菜の見分け方や野菜の旨い食べ方、種類や特性、栄養面についてなどいかなることそれでも知っている人のことを言います。

 

野菜ソムリエは野菜だけではなく、野菜と果ものについてのスペシャリストなのです。

 

そもそも野菜ソムリエという名前もワインソムリエから来たものです。

 

資格が作られた当初は、「ベジタブル&フルーツマイスター」が正規資格名称で「野菜ソムリエは通称で呼ばれていましたが、2010年4月からは「野菜ソムリエ」となりました。

 

これはメディアなどが野菜ソムリエという名前で報道したために、世間への知名度が野菜ソムリエという名前の方が定着したことによって協会が変更したからです。

 

 

野菜ソムリエの資格は純民間の資格で、2001年に開始された案外目新しい資格です。

 

野菜ソムリエの資格を取得するためには、日本野菜ソムリエ協会が行っている養成講座を受講してその後試験に合格しなければなりません。

 

政府などによる公認機関ではありません、徹頭徹尾民間の資格です。

 

近年は「食育」についてメディアで巻き上げられるなど「食」への注目風ことから、この野菜ソムリエも人気の資格となっています。

 

そうして日本国内のみならず海外でも資格取得者が年々増えています。

 

スポンサーリンク
   



 

野菜ソムリエの資格

 

当初の資格名称は「ベジタブル&フルーツマイスター」でしたが、2010年4月から「野菜ソムリエ」と正式名称が通称と同じ形に変更されました。

 

ベジタブル&フルーツマイスターのときは、それぞれベジタブル&フルーツマイスターの初級、ベジタブル&フルーツマイスターの中級、ベジタブル&フルーツマイスターの上級がありました。

 

それが「ジュニア野菜ソムリエ」と「野菜ソムリエ」そうして「シニア野菜ソムリエ」の3つに名称変更されました。

 

この時点ではいまや世間一般には野菜ソムリエという名称の方が知名度も厳しく、定着した呼び名となっていました。

 

 

そうして「野菜ソムリエ」と名乗ることができるのは「野菜ソムリエ」と「シニア野菜ソムリエ」の資格を携帯している人だけで、「ジュニア野菜ソムリエ」の資格では「野菜ソムリエ」を名乗ることはできません。

 

「ジュニア野菜ソムリエ」と「野菜ソムリエ」は違うもので、「ジュニア野菜ソムリエ」という名前でしか呼ばれません。

 

 

本来この資格は青果販売業者向けのものでしたが、メディアで取り上げられたり、有名人が資格を取得したりしたことで一般に認知されるように一般人の受験者が増えました。

 

野菜ソムリエの資格取得には高額な費用がかかります。

 

そうして先ず資格した取得は半永久的なものではなく、随時更新して出向く必要があります。

 

その際もちろん更新料も必要となりますから、上の級へ進めばすすむほど費用は高くなります。

 

そのため一般人には取得が苦しい資格です。

 

 

シニアソムリエの資格をとれば、カルチャースクールで講師を務めるなどして資格を活用することができます。

 

中級の野菜ソムリエの資格をとればスーパーの店頭で試食販売をするなどして資格を活用することができます。

 

ジュニア野菜ソムリエの資格をとれば協会が主催するイベントではたらくことができます。

 

 

野菜ソムリエの役割

 

日常生活の中で、野菜や果ものをいまよりも一層おいしくなおさら面白く活かしてほしい、みなさんの食卓を豊かにするために貢献すること、それが野菜ソムリエの役割としています。

 

毎日当たり前のように目の前に野菜があって果ものがあって、単に自体について興味も持つこと無く口に運んで食していませんか。

 

ただし目の前の野菜ひとつとってみても、改めて見つめて考えてみると、私たちは意外に野菜についても果ものについても知らないことだらけなのです。

 

具体的に言うと、野菜や果ものの種類にはどのくらいの数、如何なるものがあるのか、それぞれの野菜や果ものが一番美味しく食べられる旬の時季はいつなのか。

 

スーパーなどで購入したあと家庭でどのように保存しておくことが、鮮度を保つ秘訣となるのでしょうか。

 

それぞれの材料の栄養価はどれくらいあるのか、如何なるかたちで調理することが一番材料の味を活かせるのか、栄養価が高くなるのか、美味いのか、など数多くの疑問を抱くことができます。

 

 

野菜や果ものについてこのようなことを分かることができれば、今よりも再び料理のレパートリーが増えて、そして食べる方も今よりももっと上手く召し上がることが出来るようになると思います。

 

何も知らずに調理するよりも、何も知らずにただ摂るよりも、野菜ソムリエとして知識を身につけることで食生活が豊かに面白くなります。

 

また自分だけではなく、野菜ソムリエとして周囲のみんなたちにもおもしろい食卓を提供することが出来るでしょう。

 

 

また青果販売業者などのプロが野菜ソムリエの資格をとったならば、従来はただ見栄えを考えてあるいは利益を考えて売り場に配置していた野菜や果ものを、楽しくて見やすい便利な売り場に変えることが出来ると思います。

 

貰う人側にわずか視点で売り場を見ることが出来るようになり、また如何なる野菜と結び付けたらいいかなど新しい食の視点を提供することができます。

 

ただの販売者が消費者にたいして提案者となることができます。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク