ブリザードフラワーアレンジメント

ブリザードフラワーアレンジメント

 

 

 

フラワーアレンジメントの一種でブリザードフラワーというアレンジをみなさはご存知でしょうか?
最近ではウェブショップでも見るようになりました。

 

手軽に購入できて、生花より終始長く楽しめるブリザードフラワーはとても人気があります。

 

 

このネーミングですが、英語のpreservedが使われています。

 

プリザーブドは、何かを失わないよう保存するなどの意味があります。

 

ですから、プリザーブドフラワーとは、長く保存出来るフラワーアレンジメントなのです。

 

 

材料には、新鮮な生花を使います。

 

そうして、花の組織をキープしながら、水分を取ります。

 

どんどん、着色料を混ぜた特殊な液をつぎ込み、もっと排水し、乾燥させ、完成です。

 

ドライフラワーは昔からありますが、あれは枯れたように色も落ちて茶色くなってしまいますよね。

 

ですが、ブリザードフラワーは、それよりも美しく保存することが出来るようになりました。

 

ぜんぜん、生きている花の風合いそのままに保存されます。

 

見た目も美しいことから、お祝いに贈られることが多いようです。

 

私も友人の誕生日に贈ったことがありますし、また、退職祝いとして年配の方に贈ったことがあります。

 

年齢を問わず、プレゼントして喜ばれる贈りものだと思います。

 

 

ブリザードフラワーは、1991年ごろ出来たものです。

 

大層新しいフラワーアレンジメントだと言えますね。

 

これは花を保存する研究が進歩したため、完成した保存方法だと言えるでしょう。

 

 

 

フラワーアレンジメント、ブリザード、ダメージ、鮮度、水

 

ブリザードフラワーは、そもそも、フランスで長寿命な花の製造技術の研究というものが発表され、それが商品化されたものです。

 

現在、ブリザードフラワーアレンジメントは、ヨーロッパをはじめ、日本、アメリカなどで人気があります。

 

 

ブリザードフラワーを頂いたことがある方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

 

私も頂いた経験があります。

 

あんな方はおわかりだと思いますが、保管の際、注意しなければならないことが幾つかあります。

 

材料が生きた花ですから、はなはだデリケートです。

 

やさしく扱わなければ鮮度がいくらでも失われてしまいます。

 

 

たとえば、飾っている間に、ほこりが止まりますが、それを拭いたりしないようにください。

 

ドライヤーの弱風などで抜かすようにして下さい。

 

雑巾で拭いたりすると花にダメージを与えてしまいますので気をつけましょう。

 

 

さて、通常のフラワーアレンジメントと違って水は駄目。

 

水をかけないようにしなければなりません。

 

勿論、お風呂場などの湿気の多い場所も避けたいです。

 

湿気があるところに飾っておくと、花びら、葉の上に水滴が出来ることがあります。

 

これはそのままにせず、スポンジなどで吸い取っておいてください。

 

ついた水滴を以てにしておくと、色あせや、色落ちに繋がります。

 

また、ブリザードフラワーの鮮度にも影響してしまいますから、湿気は駄目。

 

 

ブリザードフラワーは、加工品ですから、水に濡れると色落ちがします。

 

この点の注意についてお話したいと思います。

 

 

フラワーアレンジメント・ブリザード、衣装、色落ち、ウェディング

 

室内でこのブリザードフラワーアレンジメントを楽しんでいるだけなら良いのですが、ガーデンウェディングなど、外で取り扱うときは注意が必要です。

 

突然の雨でぬれてしまった場合、花婿のコサージュ、花嫁のブーケーがブリザードフラワーの場合は、衣服にブリザードフラワーの色が付かないように気をつけてください。

 

結婚式で、ブリザードフラワーのフラワーアレンジメントを通じている場合、野外で取り扱う際には、防水スプレーを通じておくとよいです。

 

結婚式では各種準備があり、こんな細かいことは忘れがちですが、せっかくの衣装を台無しにしてしまわないように、気をつけたいものです。

 

 

貸衣装による場合や、会場でレンタルした衣装の場合、衣装係の人材がこのようなコツを心得ているので大丈夫だと思います。

 

ですが、最近は自分たちでパーティーを解くような結婚式の形も増えています。

 

自分たちで何から何まで準備することは大変ですよね。

 

あんな中、ブリザードフラワーなら、前もって購入しておいても安心です。

 

そういった理由でブリザードフラワーアレンジメントを結婚パーティーで使う人が増えているようです。

 

最後まで素敵なパーティーにするため、野外ウェディングの際、コツは事前にチェックしておきましょう。

 

新郎新婦、そしてスタッフの方にはブリザードフラワーの取り扱いについて知っておいてほしいですね。

 

そうしたら、ブリザードフラワーアレンジメントは、花に直射日光が引っかかると、せっかくのあざかやな色が変色しやすいので、日のあたる場所は避けたほうが良いでしょう。