フラワーアレンジメントの工夫

フラワーアレンジメントの工夫

 

 

 

フラワーアレンジメントは、スキなようにお花を生けたり、飾ったり、花束にしたり出来る楽しみがあります。

 

個人のスキスキに生ければ良いのでしょうが、ちょっとだけコツを知っていると、一層美しくフラワーアレンジメントをすることが出来るのです。

 

個人で趣味として楽しむ方においては、知っているとお得かもしれません。

 

講座やお教室の生徒にならなくても、自己流でトライしてみてはどうでしょうか。

 

ここでは、単なるコツをみなさんに伝授しちゃいますよ。

 

 

最初に、花と器のびっちり良しバランスを売ることが大切です。

 

たとえば、長い花などを取り扱う場合、どれくらいの高さに良いのか迷いますよね。

 

こうしたとき、バランスよく生ける方法は、器の高さの倍ほど、花が高くなることが目安です。

 

3倍だとバランスが取れず、おんなじ高さであっても、またバランスがおかしくなります。

 

器の倍と覚えておきましょう。

 

よって、長い器の場合はそれだけ花も長くて大丈夫ということになりますね。

 

 

そうしたら、長い花を直線で生けるより、曲げて角度を垂らしたいとき、みなさんはどういますか?
茎を曲げると折れてしまいますからね。

 

緩やかにカーブを擦り込みたいが、これは難しいかもしれません。

 

あんな場合は、茎の中に針金を通すという方法があります。

 

この針金によるフラワーアレンジメントは極めて使われています。

 

ノンプロでも大丈夫、茎の中に針金を通して変化をつけてみてはいかがでしょうか。

 

針金さえ入れば、スキなようにカーブを塗り付けることが出来ます。

 

これで表情豊かなアレンジをすることが出来ますよ。

 

 

 

フラワーアレンジメントでチューリップ、カスミソウ

 

また、チューリップなどの花は、フラワーアレンジメントをようやっとしても、次の日、花が終わって仕舞うことがあります。

 

それに、茎が曲がって形が崩れることもあります。

 

ですから、チューリップなどは、毎日、カットして挿しなおすなど、手直しが必要な場合があります。

 

ほんのり面倒ですが、一旦挿したらそのままではなく、毎日、アレンジしなおして差し上げることが必要となります。

 

そうすれば、毎日きれいなフラワーアレンジメントを楽しめますね。

 

 

カスミソウなどは脇役にすばらしく選べる花です。

 

ですが、それを使いすぎて、メインの花が見えなくなるほど囲って仕舞うことは避けましょう。

 

沢山あっても全部使わないことです。

 

メインの花の周囲にたまにとカスミソウが言えるくらいが素敵なアレンジになります。

 

目先で生けているとわから無くなりがちですから、ふと離れた場所からチェックしたほうがかわいらしく全体が見えるよ。

 

 

さて、全体をチェックしたときに、ボリュームが寂しい、花が足りない、隙間が多いと感じた場合、どのように対処したらよいのでしょうか?
無論、花があれば、足せばよいでしょうが、これから挿す花がなかった場合、どうしたらよいでしょう?
そんなときは、おうちにある観葉植ものを幾らかカットして挿したり、庭に出て払える葉などを捜したりしてみましょう。

 

自宅にもフラワーアレンジメントに使えそうなものはどうしてもあるものです。

 

足りない場合は周囲を見渡してみましょう。

 

 

フラワーアレンジメントもコツ、花、色、アクセント

 

みなさんがイメージしている、フラワーアレンジメントとは、如何なるものでしょうか?
おそらく、多くの方が器に生けられたお花とか、花束とか、かごにアレンジされたお花を思い浮かべると思います。

 

また、フラワーショップの店頭で見るような、甘いかごに入ったお花など、そういったイメージが手強いですよね。

 

 

確かにそれは代表的なフラワーアレンジメントなのですが、ここでは、それからちょっとだけステップアップしたアレンジをご紹介したいと思います。

 

ふとしたポイントで、素敵なアレンジが楽しめると思います。

 

ご家庭で出来るようなアレンジのコツなので、ぜひ、活用してみてくださいね。

 

普段から、お花を生けている方も、そうでない方も、アレンジするときは参考になさって下さい。

 

 

さて、お花の色についてお話します。

 

みなさんは、どのような色の配合でアレンジをすることが多いでしょうか?
オレンジならオレンジ系など、明るい感じの花を集めて、同系色でアレンジすることが多いと思います。

 

確かにテーマとなるカラーを決めて、同じ色をそろえることは、安心です。

 

失敗することもないでしょうから、初心者などにはお勧めだと思います。

 

 

ですが、ここでポイントです。

 

極めて異なる色を、数本、組み入れて見ることをお勧めします。

 

同系色の中に、異なる色の花を来れると、そこがアクセントになり、結構センスの良い、少し変わったアレンジになるでしょう。

 

これは、簡単ですから、ぜひ、試してほしいアレンジです。