フラワーアレンジメントの歴史

フラワーアレンジメントの歴史

 

 

 

みなさんは、フラワーアレンジメントというものをご存知でしょうか?
言葉の通り、お花をアレンジすることです。

 

既に習ったことのある方もいらっしゃるでしょう。

 

自宅ように彩る花をアレンジしたり、贈りものにするお花をアレンジして花束を作ったり、用途はいろいろありますね。

 

 

では、このフラワーアレンジメントはいつごろから始まったものでしょうか?
それは、花の歴史とも言えるでしょう。

 

 

紀元前207年から220年ごろ、中国ではハーブによっていました。

 

当時からハーブを薬草として利用していたのです。

 

また、花などの植ものは、絵画、彫刻品などして発展を続けました。

 

このころから、花を飾り付ける風習があったようです。

 

 

もう一度前になりますが、紀元前3000年から紀元前332年ごろのエジプトも、花の歴史はあります。

 

紀元前、3000年頃に、エジプトでは、花を装飾品として使用していたという記述が残っています。

 

また、プレゼントとして使ったり、自分で身につけたりしていたそうです。

 

その際、花の持つ意味や、葉の持つ意味を重視して使用していました。

 

たとえば、現在でいう、薔薇や、水仙、ポピーなどがこのころから使われていたと言われています。

 

美しさ云々よりも、花の意味を重視していた時代なのです。

 

 

さて、ギリシアも、フラワーアレンジメントの起源があったようです。

 

紀元前28年から325年には、花を花瓶に生けて彩るのではなく、リースなどとして使われていました。

 

 

 

フラワーアレンジメントの歴史、永遠と再生

 

リースはかわいくクリスマスに彩ると思います。

 

この意味をみなさん、ご存知でしたか?
本当はリースには、その形から、「永遠と再生」に関してがあります。

 

当時はリースを頭にかぶせたり、首につけたりしました。

 

永遠を誓うとか、再生を望むとか、そう言った意味ですね。

 

 

また、フラワーアレンジメントは、冠やガーランドにも使われ、勝負のしるしや、リーダーのしるしとして使われました。

 

そうしたら、カップルでこれらのガーランドを交換する風習がありました。

 

ローマン帝国時代になると、花をベッド、床に散りばめて使いました。

 

このころは、アイビーや月桂樹、ローレルなどの植ものが使われていたそうです。

 

そうしたら、薔薇や、ヒヤシンス、ユリ、マリーゴールド、また、チューリップなどが好まれ使われていました。

 

 

395年から1453年、ビザンチン帝国では、フラワーデザインが今やありました。

 

ユリやデイジー、そうしたら、カーネーションなどが、よく使われていたそうです。

 

この後、ヨーロッパは暗黒の時代として、フラワーデザインが衰退します。

 

その後は、花は薬草として使われたり、また、料理に使われたりするようになりました。

 

 

そうして、1300年から1600年頃、イタリアでは、フラワーアレンジメントが行われ、ヨーロッパ中に広まっていました。

 

ベネチアガラスで出来たコンテナや、大理石のコンテナに花を飾りつけ、貴族たちの生活を彩りました。

 

但し、当時は花を彩る器にもこだわっていたとは、貴族の優雅な暮らしが目に見えるようですね。

 

 

フラワーアレンジメントの歴史、王朝文化

 

このころから、貴族の間だけでなく、一般の人も、フラワーアレンジメントを通していたと言われています。

 

それはだいぶシンプルなものだったそうです。

 

 

1458年から1603年、テュダー王朝では、ルネッサンス時代の影響を受けた文化が広がります。

 

園芸にまで人々の関心が入り込みました。

 

17世紀のオランダは、生活が今や向上していましたから、人々の間で園芸が発展していました。

 

ご存知の通り、オランダのチューリップは有名です。

 

当時から、著しく人気があったチューリップ。

 

1637年にチューリップバブルが起こったくらいです。

 

 

1714年から1830年のジョージ王朝では、アーティストが沢山、誕生しています。

 

このころ、新鮮な花が随所に使われ、女性の服や髪飾りにも生花が使われていました。

 

そうして、フランスを中心として、広まった装飾様式がロココです。

 

ロココの装飾様式におけるフラワーアレンジメントは、断然フランス風になっていたそうです。

 

 

1830年から1901年のヴィクトリア王朝では、各種目的によって、植ものや花が使い分けられていました。

 

今でも良く知られている、ドライフラワーですが、このころ流行になりました。

 

 

1890年代の末、アールヌーヴォーがヨーロッパから、アメリカに広がります。

 

この装飾様式は、花瓶に花をシンプルに挿したフラワーアレンジメントでした。

 

アールヌーヴォーは、わが国、日本の美術から影響を受けている箇所が見られます。

 

 

フラワーアレンジメントの歴史、日本、アメリカ、生け花

 

それは、日本の文化を代表する、生け花です。

 

生け花は日本のフラワーアレンジメントですよね。

 

このころのフラワーアレンジメントは、生け花の影響が見られることを特徴としています。

 

 

1920年から1930年代は、西洋を中心として、アールデコスタイルが発展した時代です。

 

このころのフラワーアレンジメントとしては、花が自然に生育している状態で飾られるのが好まれていました。

 

ですから、切花などをシンプルに生けていました。

 

 

さて、世界におけるフラワーアレンジメントの歴史はおわかりになったかと思いますが、まずは、日本における、フラワーアレンジメントの歴史はどれくらいさかのぼるのでしょうか?
日本では、さかのぼること、平安時代です。

 

仏教が普及し、花を供える、花を挿す、という習慣が平安時代に生まれました。

 

これが、現代の生け花の発祥と言えるでしょう。

 

そうして、生け花から、華道に発展し、この華道は室町時代の中ごろに確立しています。

 

 

そうして、フラワーアレンジメントや、フラワーデザインという言葉が使われるようになったのは、1967年ごろです。

 

これは、日本に滞在していたアメリカンが伝えたと言われています。

 

1967年、日本フラワーデザイナー協会が設立されました。

 

この資格試験においては、当時のアメリカ式でした。

 

現在の資格試験は、ヨーロッパ方式ですが、それは1981年からです。

 

趣味が高じて、資格試験に受かり、フラワーアレンジメントの講師になる人もいらっしゃるでしょう。