コピーライティングと文章力

コピーライティングと文章力

 

 

 

文章力がある人と薄い人では作成する文章の内容がとっても違います。自分に文章力があると思うなら、コピーライティングに挑戦してみませんか。

 

無論、コピーライティングには詳しいルールがある場合もあります。では基礎的な事柄を知ることから動き出しなければなりません。ただ、基礎は難しくありません。

 

文章力とは全く関係ないからです。コピーライティングを副業としてやっていけるかどうかは、あなたの素質に関わっているのです。

 

勿論、最初から素質がある人もいますし、訓練することによって仕事として通用する文章が記せるように繋がる人もいます。性格的に向き不向きもあるのです。

 

コピーライティングが誰でも出来ることの意味は基礎的な文章を書くことが出来るだけでしょう。つまり、それが仕事としてやっていけるかという大きな問題があるのです。

 

どうすれば文章力が付くのでしょうか。確かに、訓練することで文章力を上げることができます。相手に何を伝えればいいのかを把握して、それを文章にするのです。

 

コピーライティングは広告を書くということです。つまり、読む人に商品の良さをアピールしなければなりません。単なる日本語の文章では価値がないでしょう。

 

テレビCMや新聞を読んでみましょう。そこから何を感じますか。言葉の裏に隠れる気持ちが現れるはずです。

 

それを感じて人は感動するのです。そうして、その商品を購入したいと思います。コピーについてたくさん考えましょう。

 

 

コピーライティングの才能

 

自分にコピーライティングの才能があるかどうかを判断するためにはどうすればいいのでしょうか。実際にはこんな方法はありません。

 

自分が小説家に向いているか、際立つ文章を書き込めるかなど頷けるはずがないからです。コピーライティングという仕事の内容を知っておくことは当然ですが、基礎的なことでお金を出して学ぶことに意味はありません。

 

ただ、インターネットで検索して見ると、たくさんの養成講座などが開かれています。確かに嬉しい文章に接していれば、どのような言葉が人の印象に留まるかがわかってきます。

 

残念ながら広告の文章は一時的なものにすぎません。毎年年末には広告大賞などのイベントが開かれていますが、それはごく一部の人だけのことです。

 

これからコピーライターを目指している人は文章の基礎だけを学べばいいでしょう。ブログやアフィリエイトで食べていけるように変わることが目的でしょうか。

 

自分にどのような才能があるかを考えることは小さいことではありません。誰でもがコピーライティングを仕事して続けられるわけではないのです。

 

当然、文章は書けます。

 

但し、両者には大きな差があることを理解しておきましょう。養成講座などでは誰でもコピーライターに生まれ変われるかのように書かれています。

 

それは大きな間違いなのです。嬉しい文章を掴むことによって、自分もいい文章が記せるように繋がることは確かです。

 

会社でも報告書の作り方が上達していくからです。ただ、高収入を買い入れるためには素質が必要です。

 

 

コピーライティングのテクニック

 

仕事にはそれぞれのテクニックがあります。

 

小手先でできる場合と、長年の経験を必要とする場合があり、簡単なことかどうかは仕事の内容で激しく移り変わるでしょう。

 

コピーライティングはどちらの部類に入るでしょうか。無論、テクニックを習得するためには基礎から始めて、ある程度の収れんが必要でしょう。

 

誰でもが簡単にコピーライティングをできるわけではありません。インターネットではあなたもコピーライティングを始めませんかというキャッチフレーズで通信教育や書籍の宣伝をしている場合がいます。

 

確かに基礎的なことはこれらの情報によって学ばなければならないかもしれません。但し、基礎を上回るためには自分自身でやはりしなければなりません。

 

そこで素質が重要になるのです。

 

コピーライティングをもっと続けていきたいと思っているなら、今のうちから5年後、10年後を考えてください。そんなふうにすることによって、自分の道を決めることができます。

 

気軽に始められることは長続き終わることの裏返しとも言います。何とかしてコピーライティングを続けていくために必要なテクニックを習得ください。

 

通信教育が必要と思うなら、積極的に受講すればいいのです。それを否定するつもりはありません。文章を書くだけなら誰でもできますが、人を引き寄せる言葉を作ることが厳しいのです。

 

それがコピーライティングの本質であることを忘れないようにください。しっかりと考えている人なら立派なコピーを決めることができます。

 

 

コピーライティングの勉強

 

インターネットを利用して誰でもできるサイドビジネスとしてコピーライティングが注目されているそうです。ただ、本格的にコピーライティングの勉強することで、基礎から学ぶことができます。

 

基礎を知らずに始めてしまうと、本質的な部分で大きな間違いをしてしまうことはコピーライティングに限らず、よくあることでしょう。

 

とにかく、新しいことを決めるとする場合には事前の準備が必要です。勿論、そのための時間がかかり過ぎればタイミングを逃して仕舞うことになりますから、程度を考えておかなければなりません。

 

広告業界ではコピーライターがたくさんいます。表には出てきませんが、実際の文章を作っている人は会社に属していないフリーの人が滅多になのです。

 

そのため、収入も非常に不安定です。安定して収入を取るためには、かなりの勉強をしなければなりません。言葉を取り扱うことで人に何かを述べるのですから、素質やセンスが必要と陥ることも容易に極めるでしょう。

 

また、広告の効果を決めるためには顧客のリサーチが必要です。これはコピーライティングと直接関係ないような気がしますが、読む人が如何なる立場や考えを所持しているかを知っておかなければ、広告を読んで受け取るはずはないのです。

 

また、ありきたりな言葉ではなくインパクトを加えなければなりません。常識をくつがえすためには、現在の常識が何かをわかることから始めてください。これがコピーライティングの勉強となるのです。