コピーライティングの特徴

コピーライティングの特徴

 

 

コピーライティングという言葉を聞いたことはあるでしょうが、ご商売をやられている方には身近なことですが、一般的には、具体的にどんなことなのかわかっていない人が少なくありません。

 

コピーライティングは広告宣伝用の文章を書くことです。

 

この基礎について勉強することができる専門学校もありますし、通信教育講座もあります。

 

但し、基礎を知っただけでコピーライティングができるわけではありません。

 

広告業界で仕事をしたいと考えるなら、それなりのスキルを持ち合わせていいなければならないのです。

 

それは基礎を学んで、その上の勉強をすることも重要ですが、センスが大きなウエイトを占める世界です。

 

同じ宣伝でも言い回しや見せ方を替えることによって、販売する商品のイメージや伝わり方が大きく変わるのです。

 

消費者やWebサイトを見ている人に印象を加えることがポイントになります。

 

コピーライティングの講座などでも説明を受けているはずですが、それができるかどうかは個人のスキルとなるのです。

 

コピーライティングの技術は時代とともに変わって行きますし、言葉の使い方も変わって行きます。

 

昔の意味と現代の意味がさっぱり逆になって仕舞う例もたくさんあります。

 

また、書いている本人はいいと思っても、それを読んだ人が不快に感じることもよくある話です。

 

読む人に強い印象を与えることができれば、宣伝効果はあったと考えていいでしょう。

 

テレビのCMで使われている文章もコピーライティングのプロが考えた言葉です。

 

みんなの印象にある言葉はいつまでも続いていきます。

 

 

 

コピーライティングの基礎

 

通信教育でいろいろなことを学ぶことができます。やはり、そこで学んだことを仕事として収入を受け取れるように達することが一番理想的でしょう。

 

但し、簡単に出来るわけではありません。コピーライティングもその一つです。

 

基礎を学ぶことで、どんな言葉が商品の価値を高めてくれるかわかってきます。これまでの学校で学んできた国語とはとても違います。

 

商品の宣伝ですから、雑誌や新聞、インターネットなどで利用されます。現代におけるコピーライティングはその多くがインターネットのホームページで使用されています。

 

アフィリエイトがその典型的な例でしょう。

 

際立つ文章を書いたとしても、それが人の眼に触れなければ意味がありません。

 

どうすれば目に下さるかを考えることも大きい意味でのコピーライティングと言えるでしょう。

 

あなたがコピーの仕事で生きて行きたいと考えているなら、基礎を学ぶことは当然ですが、それだけでは何もできないことを理解ください。

 

基礎は飽くまで基本的なことであり、仕事はその応用を考えて出向くことなのです。

 

言葉を並べただけでは、誰が書いてもおんなじことになります。

 

それはあなただけが出来ることではないでしょう。機械的にコピーライティングが出来るわけではありません。頭を使って、イメージを膨らませて言葉を結びつけるのです。

 

そうすれば人の心に訴えかけることができます。

 

街中で何気なく目にする広告でも優れた言葉がたくさんあるのです。

 

 

コピーライティングとは

 

インターネットでコピーライティングを検索して見ましょう。どのような言葉が見つかるでしょうか。コピーとは複写では無く広告という意味です。

 

つまり、広告のための文章を書くことがコピーライティングなのです。

 

文章を書くだけなら誰でもできそうな気がしますが、街中や新聞などで探る広告には魅力的な文章もありますが、まだまだ的が外れた文章もあるでしょう。

 

それがコピーライターのスキルと仰る部分です。広告を依頼する企業はスキルの高いライターを求めることは当然です。

 

自分がコピーライティングを始めたいと考えているなら、そのスキルを身に着けなければなりません。直ぐにハイレベルのスキルを持てるわけではありませんから、基礎から設けるべきです。

 

ただ、これが基礎だという明確なルールはありません。

 

そこがコピーライティングのポイントなのです。

 

つまり、自分にスキルがあるかどうかを客観的に判断する尺度がないのです。

 

誰でもコピーライティングを始められますと言うのは間違っていませんが、安定した収入を持てるかどうかは極めてわかりません。

 

基礎を学ぶために講座などを申し込む人は少なくありませんが、なので確実に基礎が身に付くとは限らないのです。

 

そもそも、誰でも同じように出来る仕事なら、あなたである必要がありません。

 

あなたでなければならない仕事に価値があるのです。

 

世の中は自分が思った通りに罹ることはわずかとわかっているのに、安易にコピーライティングを始めてはいけません。

 

 

コピーライティングをやってみる

 

これからコピーライティングを始めたいと考えている人は、基礎的な技術を身に着けなければなりません。

 

やはり、コピーライティングとは宣伝広告の文章を定めることだから、いい文章がいかなるものなのか、人に何を伝えればいいのかを図ることが大切です。

 

基礎を教えてくれる通信教育講座などもありますが、誰でもがコピーライティングの仕事で食べていけるわけではないでしょう。

 

また、コピーライティングを業としている企業の多くは、インターネットを通してたくさんのコピーライターを確保しています。

 

アフィリエイトのための記事作成などはサイドビジネスとして、まさにやっている人もいるのではないでしょうか。

 

つまり、人件費を安く持ち上げることでコピーライティング企業は成り立っていると言えます。

 

そのような状況はあるとしても、今の生活を改善するために収入を確保したいと考えているなら、コピーライティングは手軽に行える副業と考えて間違いありません。

 

具体的にどのようにしてコピーライティングを始めればいいのでしょうか。

 

一つは書籍を参考にしてコピーライティングの基礎を学ぶことです。

 

基礎は実に基本的なことだから、この世界まずは常識レベルと考えていいでしょう。

 

知っていることは前提となります。

 

その上で宜しい文章を書くことが必要になります。

 

なので通信教育講座などを利用することになります。

 

ただし、現実問題としてスキルをアップさせることが出来るでしょうか。

 

本人の素質が影響することを忘れてはいけません。

 

 

コピーライティングとブログ

 

ブログは自分が思ったことなどを自由に書くことが出来るインターネット上の掲示板です。当然、使用用途が限定されているわけではありませんから、公序良俗に反しないことであれば何でもかんでもありなのです。

 

現実としてはブログを書くことでいろいろな商品の宣伝をしているサイトが大半です。つまり、アフィリエイトサイトと呼ばれるサイトです。

 

商品の宣伝を文章として書くことがコピーライティングですから、コピーライティングはブログをイメージすればいいのです。

 

そのための基礎となる特別な技術は必要ありません。

 

誰でも簡単にコピーライターになれるという話は間違っているわけではないでしょう。

 

ただ、それで稼ぐことが出来るかどうにかという点は一概には言えません。

 

孤児的なスキルが激しく影響するからです。

 

学校で文章を書く基礎を習っているとしても、誰もが小説家に生まれ変われるわけではありません。インターネットではコピーライターのための養成講座などが募集されています。

 

人から教えてもらうことで文章が記せるようになるという。日本人として日本語の文章を書いたり読んだりすることは簡単です。

 

ただし、広告の文章は全く違うのです。テレビや新聞で印象にある文章を見分けることがあるでしょう。その言葉を練ることが出来るかどうにかが重要なのです。

 

日常生活の中で何気なく使っている日本語ですが、その奥は非常に濃いということを理解しておきましょう。

 

個人的なブログで基礎的なスキルを決めることもひどくありません。